栗ときのこの炊き込みご飯(塩味)をフライパンで作った

どうも、今年は栗の皮をむく気力が足りない文月です。
でも、冷凍庫には、昨年の栗が残っている! ちょっとくらい栗の気分になりたい!

というわけで、冷凍の栗を使って、炊き込みご飯を作りました。
28cmの深型フライパンを使って炊きます。

参考レシピ:栗ごはん(炊き込みご飯)のレシピ/作り方 – 白ごはん.com
水加減計算:だし炊き込みごはん(おこわ)の美味しい配合の覚え書き

スポンサーリンク

栗ときのこの炊き込みごはん 材料

今回は、もち米を半分入れて、以下の材料で作りました。

普通の米 1.5合
もち米 1.5合
米ともち米

栗 10粒 (皮をむいて、生のまま冷凍してあったものです)
ブナシメジ 一株の半分
栗とブナシメジ

水 約500ml
 (計算: ただ米1.5合×150ml + もち米1.5合×120ml + 醤油・みりんが入らない分の水分30ml×3合)
塩 小さじ2 (1.5でも良いかも)

作り方

米を研いで吸水

少なくとも1時間ほど浸水します。

ボウルに量った米ともち米を、優しく研いで、たっぷりの水を張ります。(この水は分量外)
米を研いだところ

このまま冷蔵庫で吸水。(←びびり)
気温の低い時期なら室温でもOKです。

炊く準備をする

諸事情で9時間経ちました。(朝研いで夜に炊く計算)
ボウル、ぎりぎりでした。
吸水後の米のボウル

米をザルにあけて、よく水を切り、フライパンに入れます。(30分おかずに、そのまま入れてます)
吸水が長いと、もち米がすり潰されそうになるので、やさしくいきます。
米をフライパンに入れるところ
 

炊飯用の塩水を用意。水は500mlですが、まず200mlくらい取って、分量の塩を入れて溶かします。
塩水を作るところ

塩水を溶かすところ

溶けたら500mlまで水を足します。こうすると、溶かすために強く混ぜても、こぼれないので良いです。
塩水ができた

フライパンに入れて、ゆすって米を平らにします。
米に塩水を入れたところ
 

ブナシメジは根元を切り落としてほぐします。
冷凍の栗は、水で流してバラします。

で、それぞれ米の上に広げます。
具を米に乗せたところ

炊きます

蓋をして点火! 最初は強火です。
炊き始め

炊き始めの火加減

7分ほど経過。蒸気が出てきたので、火を少し弱めて、炊いていきます。
蒸気が出てきたところ

弱めるといっても、私はわりと強めの火(中火くらい)で、最後まで行っちゃってます。
米の量も多いことだし。
 

さらに5分経過し、米の表面の水気がなくなってきました。
最後20~30秒ほど強火でパチパチいわせてから、消火。
10分蒸らします。
栗ご飯蒸らし中

栗ご飯完成

じゃじゃん。
出来上がり

ほどほど控え目のおこげができています。
栗ご飯のおこげ

栗は、全体をほぐしていると一部は割れますが、丸のままで残る粒も、半分以上ありました。
ある程度行き渡らせたいので、わざとしゃもじを立てて割ってみたり。
ほぐし終わったところ
 

そんなこんなで、こんな感じになりました。
塩気と栗の甘みが、良い感じに混ざって美味しいです。
半分もち米を入れたことで、おこわのようなモチモチ感もあります。
栗ご飯を茶碗に盛ったところ

塩気は、単品で食べても美味しいですが、おかずと一緒にも無理なく食べられました。
もう少し薄く、塩小さじ1.5杯くらいでも美味しく仕上がりそうです。
 

以上、栗ときのこの炊き込みご飯でした。
 

関連記事

ここで栗をむいてます▼

栗の甘露煮を、クチナシ無しで作ってみた
先日栗ご飯を作ったんですが。(記事にはしてません) その時より大きくて立派な栗が、もう少し安く売ってたので、やられた気がしてまた買いました・・・

水加減の計算はこちらから▼

だし炊き込みごはん(おこわ)の美味しい配合覚え書き~もち米の割合は何でもOK!
昨年秋ごろに、まぜごはんのマイブームが来てました。 忘れ去る前にもう一度作って覚え書きとします。 良い感じに薄味な配合です。 もち・・・
うちの台所
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク