コーンスープ覚え書き~定番、具沢山、中華風まで応用いろいろ

(旧ブログからの移転記事です)

主人がたいそう気に入って、一発で朝食の定番になったやつです。

まとめサイトから飛んだこちらのレシピを下敷きにしました。
ほっこりおいしい☆コーンスープ – cookpad

スポンサーリンク

材料と作り方

※この分量だとたっぷり出来るので(スープカップや汁茶碗に6~8杯ほど食べられます)、一人暮らしとかなら半量で良いと思います。
 

・タマネギ1/2個、粗めのみじん切り
・マッシュルーム適当量、同上
・バター10g
 →鍋に全部入れて弱火で点火、バターを溶かしてまぶすようにしながら炒める。
炒め始め
多少手を離して、まな板を洗ったり、コーンの缶を開けたり水を計ったりしてても平気。
 

・コーン缶1缶(435g程度の、クリームスタイルのもの)
 (重量はメーカーによって若干違いますが、どれも体積としては400mlのようです)
 →タマネギに火が通ったら、鍋に加えて混ぜ炒める。
コーン缶を入れたところ
 

・水400ml
・牛乳200ml
 →コーン缶に火が通ったと思ったら、焦げ始める前に加えて煮込む。
水分を加えたところ
 

・マギーブイヨン1個
・塩3gくらい
・砂糖大さじ1くらい
(これらはコーン缶に含まれていれば足さない)
・コショウ少々(ミルなら4回しくらい、苦手なら省略)
 →鍋に加えて溶かす。塩と砂糖をチョイ足しで調整して、完成。
 

けっこう簡単でしょ?

アレンジについて

マッシュルームは、ほかのキノコや野菜に差し替え、または省略も可能です。
差し替えるならマイタケ、ブナシメジ、エリンギ、もしくはアスパラなんかが合います。
 

油はオリーブ油やサラダ油でもOK。
ちょっとばかり風味は変わりますが、うちはバターを常備してないので、大さじ1くらいの適当な油でやっちゃうことも多いです。
 

中華の風情にもできます。
ごま油を使って、マギーブイヨンを中華スープの素に、牛乳を水に変えます。
ネギとマイタケを細かめに刻んで具にしたら、良く合いました。
中華風コーンスープ

また中華風の時は、塩の代わりに醤油を大さじ1入れて、あとは塩で調整、とすると、より中華の風情が出ます。(和風にも寄っていきますが)
よかったらお試しください。

 
関連記事

コーンスープに対して遠慮がなくなってきた件
コーンスープは上品なものである、との先入観がありました。 バターや生クリームが入ると美味しいとか言いますし。 自分で作るときも、コー・・・
ミネストローネ覚え書き~なんでも刻んで野菜たっぷり
(旧ブログからの移転記事です) ミネストローネは、コーンスープとともに、現在我が家の朝食の定番です。 参考→ コーンスープ覚え書き~・・・
うちの台所
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク