八つ頭をスーパーで買って煮てみた

(旧ブログからの移転記事です)

恥ずかしながら、八つ頭がスーパーで売られていることを、最近初めて意識しました。正月限定かしら。
今まで、実家で食べるものとしか思っていませんでした。

12月11日の記事の通りやってみたことで、八つ頭を扱える気になっている今日この頃なので、買ってみました。
 

小さめのを選びましたが、これでも実家からもらったやつよりかなりでかい・・!
泥んこなので、まずは洗います。
八頭(洗う前)
ちょっと気合い入れて手でこすったら、ちゃんと綺麗になりました。逆にタワシだと傷つけてしまいそうです。
 

きれいになったのを、一晩自然乾燥しました。
八頭(洗ったあと1)
ひとつの親から何セットも茎が生えていた跡があります。実家からもらったものとの違いその1。
主人に巨神兵の顔みたいと言われました。
八頭(洗ったあと2)
 

切って皮をむきます。
八頭切り分け
水分が付くと、ぬめってやりづらくなるので、むき終わるまでは洗いません。

茎の根元は、きれいにキワで切り取ってありました。商品ですもんね。実家でもらったやつとの違いその2です。
八頭の茎の生え際
むいてしまえば、茎の気配も残りません。
八頭、剥けたところ

塩水にさらした後、ひと洗いして鍋へ。
鍋に入れたところ

創味のつゆ大さじ1+砂糖大さじ半分+醤油大さじ半分+水300ml、で最近は煮ています。
ペーパータオルで落とし蓋をして、鍋蓋もかぶせちゃう。
煮ているところ
よくある丸っこい里芋(青ずいきの子どもだそう)よりホクホク感が際立つ、美味しい煮物に仕上がります。
 

関連記事

里芋(八頭)の下ごしらえと煮物
(旧ブログからの移転記事です) (2017.12月 写真追加しました) 祖母から教わった方法でやってみた覚え書きです。   ・・・
うちの台所
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク