USBケーブルには、充電専用で通信は出来ないものがあると知ってショックを受けている

一週間ぶりです文月です。
カフェに入ったけどあんまり仕事にならなかったの巻、その2です。

その1▼

ASUSノートパソコンの電源が入らないときに、真っ先に試すこと
何回か忘れて引っかかって、今日またやったので、いい加減にメモを書こうと思いました。 ASUSのノートパソコン EeeBook X2・・・
スポンサーリンク

USBケーブルには種類がある

端子の形とか、急速充電に対応しているかとか、種類といっても色々ありますが。
今問題なのは、データ通信ができるかどうかです。

今までスマホの付属品(と旦那からの借り物)しか使ってなかったんで無知だったんですが。
どうやら、通信できる子とできない子がいるらしいです。

知らなかった。みんな充電も通信もできると思ってた。
 

私は外出先でノートPCを使う際、スマホをルーター代わりにして、USBテザリングでネット接続します。
そのへんのWiFiだと「盗聴」って単語が頭をちらついて、落ち着かないのが理由です。

一方、自分のスマホのWiFiに乗るのも「タダ乗り」がちらつきます。
セキュリティを固めてWiFiでも良いんですが、設定してる間にUSB挿せば繋がるんだから、それでいいじゃん、と。楽だし。

で、テザリングもデータ通信なので、通信できないUSBケーブルでは繋がらないわけです。
たまには裏目に出ます。ハイ。

問題のUSBケーブルです

Suicaペンギンのモバイルバッテリーを、ビューカードのポイントで引き換えたら付いてきたものです。
モバイルバッテリー付属のUSBケーブル
短いから扱いやすいかも、とか思って持ってきましたが、スマホをノートPCに繋いでも認識されません。スマホの充電ランプが点くだけ。

なので当然USBテザリングの設定もできず、ブログの管理画面にも入れないし、スマホで調べた知恵袋の引用もできません。
スマホで撮った写真の取り込みもできません。
 

うわあああん!
(いざという時こうなるリスクも承知で、USBテザリングで活動してるんですけどね)(それでも事が起きると叫びたくなる)

というわけで帰ってきた(いつものケーブルと比較)

カフェでメモ帳に書いたこの記事を、自宅で仕上げます。

普段のUSBケーブルはこれ。(充電・通信兼用。たしかスマホに付いてきたやつです)
スマホ付属のUSBケーブル

問題の充電専用らしきUSBケーブルと比べて、見た目の違いは全く分かりません。
 

Yahoo知恵袋の回答(下記)が分かりやすかったんですが、充電用とデータ通信用の違いは、USBケーブルの内部で線がどう繋がっているかの問題だそうで、外見では分からない、と。
買った時のパッケージなり説明書を見るしかないそうです。

外見で区別できればいいのですが、問題は「USBの全部の端子が結線されているか」なんですよね(´・ω・`)

例えば、USBが4つの接点があるとして、1,2番目が充電用、3,4番目が通信用と(便宜上)します。
1,2番目だけ結線されていれば「充電用」
3,4番目だけ結線されていれば「(データ)転送用」
1,2,3,4全て結線されていれば「充電・転送両用」
となるワケです。(^-^)v

ホントは1,2,3,4全部が結線されているケーブルだけで良いのですが、全部繋ぐより1,2だけ3,4だけの方が安く作れるワケで…「充電専用だけど安いよ?」みたいな商品が増えちゃったよーです。(^皿^;)

USBデータ転送ケーブルって、充電するやつとは違うのですか??|Yahoo!知恵袋 より

説明書を見てみた

Suicaのペンギンモバイルバッテリーの説明書を見返すと、確かに「充電用」USBケーブル、と書いてありました。
・・・が、「専用」とは書いてないので、そう思って読まないと分からない気がします。
モバイルバッテリー説明書の、USBケーブルについての記載

まあ、充電用のケーブルがデータ通信できる必要はないので、コストを思えばさもありなん・・・でしょうか。

勉強になりました

今回ざっと調べて、充電専用/通信専用のケーブルがあると分かったし、転送速度や充電速度も色々あると学びました。
端子の形だけではありませんでした。
 

個人的には、「通信専用」のケーブルに興味を持ちました。
通信/充電兼用のUSBケーブルでノートPCにスマホをつなぐと、どうしてもスマホの充電が始まりますが、
私のスマホはバッテリー容量が大きいので、ノートPCがひもじい思いをしてまでスマホの充電しなくていいよ! と常々思っているのです。
 

今度電器屋で、ケーブルを見てみようと思います。
本日はこれにて。
Suicaのペンギンモバイルバッテリー

よもやま話
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました