シン・ゴジラを観てきました

(旧ブログからの移転記事です)

評判らしいと気にしていましたが、ようやく主人を誘って観てきました。
怪獣が出てくる映像作品は、子供の頃みていたウルトラマン以来かもしれません。

で、面白かった!!

人々のやりとりがすごく高密度で、ひとつも聞き漏らすまいと、思わず前のめりに本気で観ていました。
もういっぺんみたい。いつまでやってるかしら。

これから観ようと思う人には、ぜひネタバレなしで観ることを勧めたいです。
私は事前にネタバレレビューを多少検索してしまって、そろそろあの台詞が出るのか?とか余計なことを考えて意識がそれてしまいました。残念なことをしたと思っています。色々知らない方が、心の動き方が大きいと思います。
普段ふつうにニュース(政治報道含め)を見ていて、地震や台風などの自然災害が身近である、日本の大人ならば、間違いなく理解して楽しめると思います。

で、以下はネタバレを気にせず書き散らすので、まだ観てない方は回れ右のほど。
 
 
 

映画を観てる間は、ひたすら引き込まれました。
巨大不明生物にどう立ち向かうか、と、激甚災害にどう立ち向かうか、が面白いほどリンクして見えて、確かにゴジラ=自然災害ってのは言い得てると思いました。
ゴジラが一度上陸して去っていった後、すぐに粛々と日常が回復していく様子は、まさに大きめの地震(台風でも水害でもいいけど)が起きた後の日本だなと。たくましい。
その後、ゴジラ再来=でっかい本震(噴火でも何でもいいけど)がくるとか、まさに地球は生き物。

自衛隊かっこいいです。
攻撃作戦だけでなく、避難誘導や復旧支援もスポットが当たっていて嬉しくなりました。命令に忠実に、そして国民のために、が全面に出ていて頼もしかったです。

ゴジラが米軍の攻撃を受ける場面、血が吹き出して咆哮を上げて熱線乱射する姿が痛々しくて、ただ生きているだけなのになぜ、と思って胸が苦しくなりました。災害や神を具現化させているように感じられる一方、ただのでっかい生き物(しかも知能的にも人間よりだいぶ単純)なだけにも思えるんです。
一方で、人を、国を守るためには甘いことは言ってられないから、容赦なく作戦をぶちかます政府側の行動も、すごくよく分かるんです。まして相手はとんでもない力を持っていますし。(ゴジラ本人に、人間をどうにかする意図があるかどうかは関係なく)
会議の場面で、動物愛護団体だかが「殺すのはかわいそうだからやめて」と申し入れてきた、というくだりがチラッとありましたが、そんなこといってたらゴジラに踏んづけられた地域や国は壊滅な訳です。自分に余裕がないと、他者(他種族)への思いやりはなかなか出せないよ、と思います。
ゴジラに感情移入できるのは、スクリーンの外で観賞している立場だからこそで、実際あれと向き合ってる人々は、とてもじゃないけど戦うので精一杯、生きるか死ぬかの瀬戸際だもんなと思うのです。

会議また会議の場面も、テンポが速くて、カメラワークも動きがあって面白かったです。子供にはつまらない場面だろうなあと思いますが。官僚は頭良くないと務まらないねとか思いました。
いま何の会議とか、このひとは何大臣の誰それとか、いちいち字幕で出てくるのも分かりやすくて面白いんだけど、よく考えたらエヴァっぽいだけなのかもしれないです。主人に聞いたら、うんエヴァだねってあっさり言われました。そうですか。

ゴジラ対策班が、ゴジラ相手に「どういう生物か」と分析してるのがツボに入りました。水棲か陸棲かとか、エネルギー源はなんだとか、意志疎通できそうかとか。
後半の、ゴジラの活動を停止せよ作戦では、薬剤を使うなんてとんでもない(怪獣映画としてはとんでもないんでないかと・・)策が出てきましたが、それも納得しながら観ました。爆弾一発でやっつけるのは多大な問題あり、と分かってしまったら、現実にもこんなような手立てに落ち着くのかもしれないです。

原発事故時の政府の対応や、昔の水爆実験とか、色々なことが下敷きになっているそうですが、とりあえず私は、3.11当時の身の回りの出来事や、報道を色々と思い起こしていました。
そしてもし、北陸に住み続けて現在に至る、な自分であったら、ここまでのめり込めたかどうか、若干自信がないとも思いました。放射能汚染の話題も、首都圏の景色も混乱する様子も、もう少し遠い場所の出来事だったでしょうから。今の自分で観たから最大限楽しめた、という気がしました。

なんか色々考えすぎてまとまりがないですが、以上書き散らしでした。
 

関連記事

「シン・ゴジラ」のブルーレイ/DVDを観るなら、「日本語字幕」で倍楽しい
主人と一度映画館で見て、もう一度見たくてブルーレイをレンタルしました。そしたら日本語字幕がすごく良かったので紹介です。 皆さんも、最初は字・・・
【鎌倉~横浜×シン・ゴジラ】里山「円海山」に、ゴジラが蹴散らしてった町並みを見下ろせるビューポイントがあります
旦那と時々、里山ハイキングをします。行先は大抵、横浜市の南端から鎌倉市に繋がる「円海山」(えんかいざん)という里山です。 私たちは、横・・・
よもやま話本・映画
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました