シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか?

(旧ブログからの移転記事です)

以前、圧力鍋でイワシを煮た場合に、どれくらいの時間で骨が柔らかくなるかを実験しましたが。

この9月からシャトルシェフを使い始めたところ、これを使ってもイワシの骨が柔らかくなるものかどうか、すごく気になり始めました。
 

野菜や肉や豆の大半が、「圧力鍋なら割と瞬殺だけど、煮込んでも柔らかくなるよ!」ってものだと思います。
牛スジだって、時間をかけて煮込めば、圧力鍋でなくても柔らかくなります。

だったらイワシ、どうなのか。
背骨はさすがに無理でしょうけど。

スポンサーリンク

というわけで、シャトルシェフでイワシ

また実験と行きます。

イワシの大きさは、たぶん以前とほとんど変わりません。今回は4尾です。
イワシ

酒と醤油を大さじ2、味醂と砂糖を大さじ1、冷凍ストックのショウガを適当に。
水の量は、圧力鍋の時の記事には書いてないですね。どうやって再現する気だったんでしょう。適当に200mlくらいいれて点火。
イワシの鍋煮る前

イワシを入れてみたら、身の半分ほどしか沈まなかったので、水300ml追加。
合計500mlの水が入りました。
イワシの鍋煮始め
5~6尾までなら、重なり合わずに鍋に納まるので、同じ水分量で作れそうです。3Lサイズのシャトルシェフです。

数分煮立たせて、保温鍋へ。11:30頃です。
イワシの鍋11:30

途中で火を入れる

保温開始から1時間半ほど経った所で、一度火を入れました。
イワシの鍋13:00
水分量が少なめなので、温度が下がりがちかと思ってましたが、再沸騰まで数分でした。速い速い。
再び保温鍋で寝てもらいます。

完成・味見

18時近くになって、保温鍋の蓋を開けました。保温開始から6時間半くらい経っています。
持ち手付近に水滴がたくさんついています。
イワシの鍋18:00
鍋は、素手でさわれる程度まで、温度が下がっています。50℃とかそれくらいでしょうか。(あてずっぽう)

こんな出来上がりです。
煮えたイワシ
 

で、骨ですが、
細かい骨は、あるってことを意識しながら噛み砕けば、まあ食べられます。
しかしこれって、普通に煮た場合と変わらない気もします。
イワシを普通に煮魚にした記憶がさっぱりないので、比べることができないですが。

背骨から垂直に出ている小骨なんかも、しっかり残っています。
煮えたイワシ(骨)
見えるかしら。
 

なんだか骨は難しい気がしてきましたが・・
今度は、途中で火を入れる回数を増やして、もう一度やってみたいと思います。
 

関連記事

やってみた▼

シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか・ファイナル
(旧ブログからの移転記事です) 昨年11月▼の続きです。 以前と同じくらいの大きさだと思うんですが、また4尾、手に入れて・・・

圧力鍋編▼

【小骨/背骨】圧力鍋でイワシの骨を柔らかくするには何分必要?
(この記事は、旧ブログの記事3本をもとに再編集しました) 圧力鍋でイワシの骨を柔らかくするには、何分かければよいか? 2014年3月・・・

コメント

スポンサーリンク