シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか・ファイナル

(旧ブログからの移転記事です)

昨年11月▼の続きです。

シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか?
(旧ブログからの移転記事です) 以前、圧力鍋でイワシを煮た場合に、どれくらいの時間で骨が柔らかくなるかを実験しましたが。 この9・・・

以前と同じくらいの大きさだと思うんですが、また4尾、手に入れてきました。
イワシ
頭を落とした状態で、尻尾まで含めて17~18cmくらいの、きっと普通の大きさのイワシです。

今回は、保温途中で徹底的に火を入れてみます。

スポンサーリンク

煮ていきます

煮汁の材料を全て鍋に入れます。前回と比べて微調整しています。
 ・醤油と酒 大さじ2.5ずつ
 ・砂糖 大さじ1.5
 ・みりん 大さじ1
 ・水 500ml
 ・ショウガ 薄切り3枚(適当)

08:30点火。
煮汁を沸かしながらイワシを水洗いして、沸いたらイワシを入れます。
イワシの鍋8:30煮始め
シャトルシェフでは、保温鍋に入れている間、汁に漬かっていない部分は火が通りません。
なので、ここでイワシが水面から出るようなら、水と調味料をを足しておきます。

再び沸いたら弱火に落として、10分ほど煮ます。

08:50、保温鍋へ入れました。
イワシの鍋8:50保温開始

時々火を入れます

夕飯までに、つごう4回、それぞれ5分程度、再沸騰させました。
 10:30
 12:00
 15:00
 17:30
イワシの鍋火入れ中

食事の支度やオヤツのタイミングで、外鍋から出しては火を入れます。
水分量が、鍋の半分以下と少ないので、火を入れないと早めに冷めていきます。

さあどうだ!?

19時すぎ、夕飯のために取り出しました。

食べてみます。
煮えたイワシ

小骨は、うん、やっぱりあります。
ですが、前回よりも主張が控えめで、噛み砕いてもすごく疲れる感じはしません。

背骨から、小骨ごとホロリと外れます。
それでも一部の小骨は、背骨にくっついて残りますが、前回はもっとしぶとかったと思います。
煮えたイワシ2

半身を食べて、尻尾をつまんで背骨をはがそうとしたら、途中でぽろっと折れました。
これも前回はなかったと思います。
煮えたイワシ3

全体的に、骨が明らかに柔らかくなった、と感じました。

結論、シャトルシェフでもイワシの骨は柔らかくなる。ただし時間がかかる

約11時間保温した形ですが、これでようやく、実用レベルに小骨が柔らかくなった、と思いました。
ちなみにガスの使用時間は、合計35~40分程度で、圧力鍋の時と大差はありませんでした。

「噛み砕かなきゃ」感がなくなるためには、翌日もちまちま火を入れて、正味24時間は保温しないとダメな気がします。
そこまでするかね? という話に、段々なってきます。

もっとたくさん作って、汁の量がたっぷりしていれば、保温の温度がもつので、火を入れる回数を減らすことはできそうです。
 

以上、
圧力鍋の代わりにシャトルシェフでも、骨ごと(背骨除く)食べられるイワシを作れます! 時間かかるけど!
ということで、何かの参考になれば幸いです。

 
関連記事

前編▼

シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか?
(旧ブログからの移転記事です) 以前、圧力鍋でイワシを煮た場合に、どれくらいの時間で骨が柔らかくなるかを実験しましたが。 この9・・・

圧力鍋編▼

【小骨/背骨】圧力鍋でイワシの骨を柔らかくするには何分必要?
(この記事は、旧ブログの記事3本をもとに再編集しました) 圧力鍋でイワシの骨を柔らかくするには、何分かければよいか? 2014年3月・・・

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました