サイトデザインを変更しました。

大豆をシャトルシェフで煮ます【おかず用ストック】

個人的に、大豆は甘く煮付けるよりも、ひじきと煮たり五目豆にして、おかずとして食べるのが好きです。
そんなわけで、柔らかすぎない水煮にして冷凍ストック、という我が家の流れを書きます。

大豆は4~5時間の浸水で煮られるので、朝一番で水に浸けると、一日で作業が終わります。

スポンサーリンク

あさ一番で水に浸けます

今回は、一袋250g、まるまる煮てしまいます。
大豆

6:40、軽く洗って水に浸けます。
皮がすぐに水を吸って、ふやふやと剥がれかけるので、手早くします。
浸水開始
最近涼しくなってきたので、冷蔵庫ではなく室温で放置。

吸水できたら煮ます

12:15、良い感じに膨れました。
浸水終了
鍋に移して、十分かぶるくらいに水を足して、火にかけます。

10分も経たないうちに沸いて、もりもりとアクが出てきます。
綿菓子みたいに膨れ上がっている部分はすくい取ります。あとはあまり気にしません。
大豆のアク

12:28、蓋をして保温鍋に入れました。
ちょっと沸騰が短いかな。いいよね。

保温終了

14:05、1時間半ほど経ちました。

やわらかい! おかず豆としては、とても良い感じです。甘煮ならもうちょいかも。
保温終了

良い感じなので、外鍋から出し、傷み防止のため一度沸騰させてから冷まします。

冷めたら保存容器に移します

18:20、ほんのり温かい程度まで冷めました。

使いやすい分量に、目分量で5等分。
すぐ使う分はタッパーへ入れて冷蔵、それ以外は冷凍保存バッグに詰めて冷凍します。
小分けしたところ

後日談

3日後、ひじき煮になりました。主人の弁当に詰めたところ。
大豆とひじき
都合により、豆を煮てからおかずに作るまで日が開きましたが、これくらいなら平気です。

まとめ

今回の要点です。

・吸水5時間
・保温1.5時間
・保温終了後に再沸騰

これでシャトルシェフで大豆が煮れます。
で、水煮の状態で、冷蔵庫で3日はもちます。
 

関連記事

シャトルシェフで金時豆の甘煮
金時豆を煮ました。自分で煮るのは初めてです。 やってみると、粒は大きいけれど、煮えやすくて柔らかい豆だという印象でした。(大豆や花豆と・・・

コメント

スポンサーリンク