高尾山に行ってきた!~山頂の紅葉が始まってた&エコーリフトが楽しかった

先週9月30日、思い立って主人と高尾山へ行ってきました。東京都で一番有名かもしれない、標高599mの山です。
都心から登山口まで電車(京王線)で来れるし、ロープウェイやリフトも備わっているしで、山でありながら観光客がすごく多いそうです。

標高も低くて、歩いてみたら簡単に山頂まで行けました。(←舐めてる)
ハイキング程度の山が好きな私たちにはちょうど良かったです。

では行きましょう。

観光情報 高尾山遊歩|登山コース・観光スポット・ご当地グルメ・服装・ハイキング情報満載!

スポンサーリンク

事前に:高尾山きっぷを入手

京王線の各駅で買える、お得な切符。
登山口のある「高尾山口」までの往復切符に、ケーブルカー(またはリフト:料金同じ)の片道または往復が付いて、2割引になります。
高尾山きっぷ

高尾駅でJRから乗り換えるときに買いました。
片道だけリフトに乗ると決めていたので、片道付で大人一人600円なり。

普通に乗るとこんな値段↓なので、確かにお得です。
電車124円(ICカード利用)×往復+リフト470円=718円

往路:稲荷山コース(見晴らし尾根コース)

私たちは、登りたい! 歩きたい! と思っていたので、登りはそんな感じのコースを選びました。
 

高尾山口駅を出て右、ケーブルカー・リフト乗り場の方向へ。

この乗り場の左脇へ入ると、稲荷山コースの登山口があります。
ケーブルカー・リフト乗り場

こんな感じで登り始めます。
稲荷山コース1

稲荷山コース2

コース途中、足元に木の根っこが張り出している場所が、けっこうあります。
こういう場所は、火成岩の上に、火山灰だか腐葉土が積もった地面だそうです。土の層が薄いために、根っこが土中へ伸びられず、地表を這うそうです。(NHKのブラタモリで説明してた)
稲荷山コースの木の根っこ

すごい根っこ。生命力を感じます。なんか楽しい。
稲荷山コースの木の根っこ2

キメの揃った縦筋の岩石が露出している場所もあります。柱状節理か板状節理か分かりませんが、これも火成岩の一種みたいです。
稲荷山コースの岩
こういうのの上に泥が重なっていると、すごく滑りやすいです。私も滑ったし(転んではいない)、あちこちで「おっと!」なんて声がしてました。
降りてくる方とすれ違う時が、気が散って危ないので気を付けます。
 

植生のこともブラタモリで言ってて、天然の広葉樹の森と、植林した杉林が、場所によってはハッキリ境界が分かるんだそうです。
この稲荷山コースも、途中で左は広葉樹、右は杉、って分かりやすい所がありました。
ぱっきりと。
稲荷山コースの植生

常緑樹のつややかな葉っぱも見ました。豊かな森なんだなあと思います。気持ちいいです。
稲荷山コースの植生2

稲荷山山頂!

登山開始から35分ほどで、コース途中の稲荷山山頂に来ました。休憩小屋もあります。

展望台からは、遠くに新宿や横浜まで見えるそうです。
・・・山に来てまで街のビルヂングとか見たくない(逃避)
稲荷山コース山頂

登山コースは、道案内の看板が要所ごとにあります。よっぽどぼんやり歩いてなければ、迷うことはなさそうです。人通りも多いですし。

高尾山の登山コースの中ではきつい方である、この稲荷山ルートでさえ人が多いので、メインの一号路やケーブルカーはいかばかりかと想像します。
(もっともこの日の9:30頃には、ケーブルカーに行列ができている気配はしなかったですが)
 

稲荷山山頂から30分ほど行くと、高尾山の山頂へ通じる長い階段が見えました。もう一息。
稲荷山コース、山頂手前階段

高尾山山頂

登山口から1時間と10分ほどで、山頂に着きました。
高尾山山頂1

高尾山山頂からの眺め
ガイドブックなどには90分と書かれていますが、そこまでかからなかったです。
ゆっくり歩く人に合わせた時間を書いているのかも。
 

見晴らしの良い辺りで、持参のおにぎりを食べました。
ちょうどお昼時で、ベンチに座ったり敷き物を広げてお弁当タイムの人が、他にも大勢いました。
 

紅葉ですが、一部の木がうっすら染まり始めていました。
高尾山山頂2

高尾山山頂の紅葉
一号路の表参道の辺りなど、場所によってはモミジの木が多いようで、全部染まったら壮観だろうなと思います。(そして人の多さも壮観かと。本当にここは山だろうか)

驚いたのが、山頂の広場に水道水! さすが東京?
高尾山山頂3

帰りは4号路

来た道とは反対方向へ降りて、吊り橋を渡りに行きます。

ちょっと傾斜が急です。でも、手をついて降りるほどではなかったです。
4号路:高尾山

立派な吊り橋。揺れますが、怖いほどではなくて楽しいです。
4号路吊り橋

谷が深い! (写真じゃ良く分からない(泣)
4号路吊り橋から

山頂側の入り口から、1号路への合流点まで、30分ほどで歩けました。

1号路に合流

4号路から1号路への合流場所には、山門(浄心門)があります。
浄心門

この辺りは舗装されており、ケーブルカーを使えば軽い格好でも来れそうです。
浄心門周辺

また、食べ物屋さんや土産物もたくさんあります。

おやつ! 三福団子。330円。
炭火で焼いた団子に、クルミ味噌をつけてくれます。
三福団子売り場
じんわり温かくて美味しいです。涼しい時期にはとても良い。
団子はほんのり甘くて、味噌は香ばしい甘辛味でした。
三福団子

なんか、表参道に戻ってくると、登山はもういいやって気分になって遊んでしまいます(汗)

エコーリフト

スキー場では散々乗ったことがあるけれど、緑の中は初めて。というわけで乗りたかったので乗りました。

下りの乗り場です。順番待ちの列は出来ていませんでした。
エコーリフト乗り場(下り)

下りはとっても眺めがいい!
そして、徒歩では近寄れないような、深い森林が間近に見られます。
エコーリフトから1

エコーリフトから2

降りていくと、だんだん空気がモワッとしてきて、標高差を感じました。
ケーブルカーだと6分で着いてしまう道のりが、リフトだと12分。満喫できました。
 

ところでスキー場と違い、スキー板を履いていないので、乗り降りするときに足が滑りません。
どうやって乗り降りするのかと思っていたら、乗り場にベルトコンベアがありました。

乗るときは係員さんの合図で、動く歩道みたいに乗って、前方へ運ばれます。すると後ろからリフトの座席が追い付いてくるので、つかまえてうまいこと座ります。
降り場もベルトコンベアでした。立ち上がったら速やかに左へ抜けます。
リフト降り場
素早い動きが必要なので、足の不自由な方や酒気帯びの人は乗れません、と注意書きがありました。

高尾山口に戻りました

高尾山、山は山なんですが、テーマパークみたいな山だと思いました。
ケーブルカーもリフトもあるし、お寺やサル園やタコ杉なんかの見所も沢山あります。(今回はあまり見なかったけど)
メインの参道には、店もすごく充実しています。とろろそばが名物らしいです。

歩くのはそこそこに、遊びに行くつもりで行くと楽しいんだなあ、と思いました。(逆に自然の中を歩くのがメインのつもりで行くと、気が散って疲れる気もします)
今度は遊ぶつもりで行ってみようと思います。
 

ところで、駅には靴洗い場もありました。
雨の後など、道がぬかるんでいたときは有難いですね。この至れり尽くせり感、ほんとテーマパークぽいです。
高尾山口駅の足洗い場

東京すごい。

終わります。

横浜~東京
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク