サイトデザインを変更しました。

【会期終了】ひな人形や五月飾り「追悼特別企画 後藤由香子展」紹介【2018年2月~4月】

昨年行った、横浜人形の家のひな人形展。

楽しかったし綺麗だったので、今年もやるのかしら、と検索したら・・・

前回ゲストで来ていらした、節句人形工芸士・後藤由香子さんが、昨年中に亡くなられていて、今年は追悼展とのこと。

まじか。

公式
追悼特別企画 『後藤由香子展 ~時空を超えた愛の贈り物~』|横浜人形の家 閉鎖
横浜人形の家

後藤人形

昨年の記事↓

ひな人形展~時を越えて~ 感想
横浜人形の家で開かれていた、ひな人形展の感想です。
スポンサーリンク

今年の展示内容です

公式サイトを見ると、今年はひな人形だけでは無いようです。
五月飾りも来ますし、テディベアも来ます。(節句人形の方としか思っていなかったので、テディベアは意外)

各種資料も展示されて、「アーティスト」としての後藤由香子さんを丸々紹介する、大きな展覧会となるようです。

本展は、後藤由香子の作品の中から代表的なひな人形や五月人形、テディベアなど未公開作品も含め約30点以上を紹介します。手書き原稿、写真、映像、言葉など、貴重な関係資料とともに、アーティスト後藤由香子のその軌跡をたどれるように構成します。
後藤由香子の表層に触れ、その深層に息づく深い愛に触れていただきたいと思います。

後藤由香子展チラシ(横浜人形の家公式サイトより)

横浜人形の家 – 追悼特別企画 『後藤由香子展 ~時空を超えた愛の贈り物~』より

ひとまずひな人形との再会が楽しみ

ひな人形しか見たことがないものだから、どうしてもそれを思い浮かべてしまうわけですが。
 

歴史的価値のものではなく、新しいキレイなひな人形というなら、デパートの人形売り場とかでも、たくさん並んでいるのを眺めることはできます。

でも、後藤由香子のおひな様は、一線を画しています。
伝統的な手法が根っこにありながら、新しい表現を積極的に取り入れています。
人形それぞれに、テーマがあり、世界があって、展示の背景なんかも作り込まれています。

伝統的(というか昭和的)な色合い・顔立ちのお雛様と比べたら、奇抜と思える姿でも、世界観に支えられているので、芸術作品と感じられます。
だから、素直に綺麗だな、と見られる。
不思議な感覚です。
 

この不思議さは、自分が小さい頃に飾っていたお雛様が、感覚として刷り込まれているからだろうなと思います。
「ランドセルって赤じゃないの?」と似たような感覚かと。

そんな不思議さと美しさを味わいに、今年も展示を見に行こうと思います。

展覧会情報

日時: 2018年2月10日(土)~4月8日(日)
    9:30〜17:00(最終入館16:30)
観覧料: 大人〈高校生以上〉600円/小人〈小・中学生〉300円
     ※入館料大人400円/小人200円が含まれています。
公式サイトより

会場: 横浜人形の家 3F 企画展示室

追記:コインロッカーは、100円が戻ってくるタイプです。
展示エリア入り口脇の、トイレ手前にあります。
横浜人形の家コインロッカー

追記:行ってきました↓

【まさに芸術】後藤由香子のひな人形に会ってきたので感想です【会期終了】
横浜人形の家で、2018年4月8日まで開催されていた「追悼特別企画 後藤由香子展」です。   ギリギリひな祭り前に行ってこれました。・・・

コメント

スポンサーリンク