だんなが留守の隙に作った美味しいものまとめ

(旧ブログからの移転記事です)

先日、主人が一週間ほど、家を留守にしてました。
うさぎと一緒に留守番しながら、ここぞとばかりに家のあちこちを整理してたわけですが、
その傍らで、美味しいものを作っては食べまくってたので、ラインナップを白状します。

スポンサーリンク

主菜

カレイの煮付け

カレイの煮付け
醤油、砂糖、酒、ショウガ。
薄味になっちゃいましたが、悪くなかったです。おともはネギの青い辺りです。

たらフレークとじゃがいものチーズ焼き

たらフレークとじゃがいものチーズ焼き
たらフレークは、NHKのあさイチで紹介してたやつを作ってみました。
たらの塩気でじゃがいも(チンして火を通した)を混ぜて、コショウとパセリを振って、ピザチーズを乗せて、グリルで焼きました。
美味しかったけど、たらは衣でパリッとさせる方が好みだなあと思いました。

アサリの酒蒸し

アサリの酒蒸し
野菜を盛りすぎて塩気が薄くなったけど、良い味わいでした。
てか、貝を自分で砂抜きして食べたのが、初めての経験でした。
さっきまで塩水の中で元気に足とか伸ばしてたのを、今まさに蒸している、と何だか緊張感が。
有り難く頂きました。

サメの煮付け

サメの煮付け
もうかさめです。上記のカレイと同じ調味料で。
淡泊な魚なので、ネギと一緒に頬張ると、味わいが補われて良い感じです。

ところで、切り身の骨がツルツルと柔らかくて、どうも軟骨ぽいのです。
ホントかよと思って調べたら、サメの骨格は本当に軟骨だそうです。代わりにウロコが非常に硬いそうです。へぇー。

副菜

蓮根の酢醤油炒め

蓮根の酢醤油炒め
砂糖、酢、醤油。ダシは入れてません。
酢は少なめ、砂糖は多めに感じる量でちょうど良いです。レンコンってどうしてこんなに酢が合うんでしょう。

春菊と椎茸のベーコン炒め

春菊と椎茸のベーコン炒め
味付けは醤油のみ。
あとは素材の味わいと香りで、ステキな仕上がりになります。

鶏レバーの煮付け

鶏レバーの煮付け
湯通しして、酒・砂糖・醤油・ショウガスライス・ニンニクスライスを入れて煮ます。水は入れません。
柔らかで美味い! ご飯にも合います。

椎茸の素焼き

椎茸の素焼き
生椎茸を、魚焼きグリルで焼いただけ。柚子味噌があったので添えました。
ふっくらして、なんか普通に美味しいです。いいな、これ。

汁物

大根と舞茸の味噌汁

大根と舞茸の味噌汁
舞茸の香りが、大根に良く合うのです。豆腐も入ってます。
大根は細めの短冊切りにすると、上品美味しいです。

たもぎ茸とチンゲンサイの味噌汁

たもぎ茸とチンゲンサイの味噌汁
たもぎ茸、初めて買ってみました。
生だと鮮やかな黄色で、食べて大丈夫?って風情ですが、煮たら色がなくなりました。(汁に溶け出した?)
香りも控えめです。汁で薄まったのかもしれませんが。アサリかシジミの匂いに似ている気がしました。
初めて食べたキノコですが、悪くなかったです。

以上です。

主人は苦手だけど私は食べたいんだシリーズ、でした。

主人に気兼ねなく何でも買える!と張り切ったら、けっこうな品数になりました。我ながら暴れた感がします。
初めて料理する食材にも手を出せて、すごく楽しかったです。
今度は自分の昼食で暴れようかな。

最後に、この記事ネタを思いついたおかげで、一人でも食生活が乱れずに過ごせました。
いつもブログに来てくださる方々に多謝。

そんな所です。

うちの台所
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク