カメムシ退治(駆除)は、何もなくても、臭くさせずに出来る!【写真注意】

大学時代、部活の合宿所(山奥でした)で、カメムシをひょいひょい処理してたら、かなり驚かれました。

なんてことを思い出したので、書いてみます。山育ちの方ならご存じかもしれませんが。

※この記事は、前の記事から分離独立させました。

スポンサーリンク

まずは息を吹きかけるべし

殺虫剤をかけてしまうと、屁をこいてクッサくなることと思います。

代わりに息をフーフーかけると、やつら屁をこかないです。
ローソクを吹き消すよりも弱め、熱いスープを冷ますくらいの息でOKです。

他には、凍らせるスプレーなら臭くないよ、と母が言ってました。私は持ってないけど。

そっとすくい上げるべし

で、息を掛けながら、何かに取ります。
この時はつつき回しすぎないのが重要です。

祖母などは、フーフーしながら手で取って外へポイしますが、私はそこまで度胸がないので、
ティッシュやチラシをあてがって、歩いて乗っかってきた所で、窓の外へデコピンして飛ばします。
カメムシをチラシですくう図

ほうきと塵取りでもいけますが、力が入りすぎるとヤラレるので気をつけて。

外に捨てるのが嫌な場合

外に捨てたくない場合は、フーフーしながらそーっと背中をガムテープにくっつけて、つぶさないよう二つ折りに閉じてポイ。
ジタバタしますが、意外と屁はこかないです。

トイレや下水に流そうとすると、水に落ちてびっくりした弾みに屁をこくことがあるので注意です。

まとめ

最終的にどこへポイするにしても、息を吹き掛け続ける、つつきすぎない、つぶさない、がポイントです。
これで、特別な装備がなくてもカメムシ退治ができます!
おわり。

よもやま話
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク