うさぎと過ごす夏です。ぼちぼちエアコンつけっぱなしが始まります【夏バテ対策】

最近の横浜、最高気温が30℃に達する日も多くなってきました。うさぎにはつらい時期です。

うさぎさま、なんて言ってからかわれようと! 健康長寿のためには冷房をつけるしかない!

↓フローリングが気持ち良いそうです。
のびるとち

関連記事

うさぎは4月でも夏バテになる!?~春先の体調と症状の話
うちのうさぎは毎年4~5月頃に、おなかの調子を悪くします。5月病的な時期ですが、起きているのはいわゆる「うっ滞」で、夏バテに近いと思っていま・・・

 
今の時期は、春先の第一波↑を乗り越え、その後も地道に換毛して、うさぎなりに暑さに慣れてきたところでもあります。
なので、夏場の昼間は、エアコンの設定温度は27.5~28.5℃程度にしています。
扇風機も付けて、部屋の空気をかき混ぜます。
 

また、暑がりなのに職場が暑い、うちの旦那にとっても夏はつらい時期です。
旦那が帰ってくると、夜間は25~26℃の設定に下げます。これで寝苦しさもマシになります。
 

エアコンを頻繁に付けたり消したりするよりは、つけっぱなしの方が、電気代の負担も少ないようです。うさぎを飼い始めた2012年と、その前の年(震災直後で節電してた2011年)で、我が家の電気代はほとんど変わりませんでした。
詳しくはこちら↓

真夏にエアコンを連続稼働させると、消費電力はどう変わるか
我が家、うさぎにかこつけて、夏場はあまり我慢せず(我慢させず)にエアコンを使ってきました。 うさぎがいなくなった今年はどうするか。データか・・・

 
また、ベランダの室外機が熱々になるので、打ち水をして温度を下げてやったりもします。
リビングが東向きだった頃は、室外機を熱する朝日を、すだれで遮っていました。今は南向きで、日が高い夏場は、ベランダのひさしがほとんど日光を遮ってくれます。ベランダが狭いこともあり、すだれを吊るすと室外機の排気がベランダにこもりがちなので、すだれなしで乗り切ります。

我が家のエアコンは、こんな感じで夏を過ごします。
エアコン
 

ちなみに、あまり冷えたくない私は、エアコンのない部屋に避難して過ごすこともあります。
ただし頭が暑くなりすぎると頭痛のもとなので、首筋に保冷剤を当てたりしてます。水分補給も充分に。

みんなができるだけ快適に・健康に、夏を乗り切りたいものです。

コメント

スポンサーリンク