サイトデザインを変更しました。

真夏にエアコンを連続稼働させると、消費電力はどう変わるか

我が家、うさぎにかこつけて、夏場はあまり我慢せず(我慢させず)にエアコンを使ってきました。
うさぎがいなくなった今年はどうするか。データから考えてみましょう。

うさぎを飼い始める前の2年間と、飼い始めた直後の2年間について、夏場の消費電力を比較します。
うさぎがいるかどうか(=エアコンの使い方)以外の条件は同じ、と考えて比較します。

スポンサーリンク

前提

当時は今と違う家だったので、覚えている範囲で書き出します。

部屋の状況

・東向きリビング
・リビングと台所が一続き(冷蔵庫がエアコンの影響範囲内にある)
・リビングは遮光カーテン(2級)
・電力の契約は20A(オール電化ではない)

エアコンの使い方・設定温度

「現在の消費電力」が表示される機種を使っていました。

■うさぎ関係なく:
・真夏の夜間(在宅時間帯)は、設定26℃前後
・台所で火を使っている時は設定を上げる(30℃とか)
・エアコンの使用電力表示が大きかったら、一時的に設定を上げる(300~400wを超えるようなら)
・扇風機併用
・室外機をすだれで遮光
・ベランダ・室外機に打ち水

■うさぎ以前:
・留守の時間帯はエアコンはOFF
・夜が涼しい時期は、就寝前に切る。または就寝2~3時間後に切れるようタイマー
・熱帯夜の時期は、終夜運転だったと思う

■うさぎ以後:
・暑くなり始めの4月~5月(最高気温予報値25℃前後~の日)は、昼間(10~15時とか)に冷房が付くようにタイマー。設定23℃前後
・真夏はつけっぱなし。昼間の設定温度は28℃前後、人間が帰宅したら下げる
(・8月下旬や9月に、涼しい日がやってきたら、久しぶりにエアコンを切る→連続稼働時間ン百時間、とかすごい数字が出る)

電気使用量の推移

上記のようにエアコンを使っていて、我が家の電気の使用量は、以下のとおりでした。(家計簿の記録より)

電気(kWh) 4月 5月 6月 7月 8月 9月 5~9月計
2010年 (記録なし) 150 139 223 238 215 965
2011年 144 142 133 214 202 234 925
2012年 139 135 178 181 219 215 928
2013年 143 160 151 180 256 171 918

グラフ化↓
2010-2013消費電力(月毎)

2010-2013消費電力(5~9月計)

結果

月毎のグラフは、その年によって気温も違うので、読み取りにくいですね。4月はまだ落ち着いてる時期だね、だいたい8月がピークだね、くらいでしょうか。
 

消費電力の合計を見ますと、エアコンをこまめに切っていた年と、夏中つけっぱなしの年で、全く変わりませんでした。

2010年は特に暑かったので、消費電力の合計が多めですが、他の年はほとんど一緒です。
2011年なんて震災直後で、節電に特に気を遣っていたはずなんですが、見事に一緒。
 

以降の年も、データは出しませんが(←面倒になった)、5~9月の合計が900kwh前後で推移しています。ギリギリ800台の年もありました。

考察と雑感

消費電力が変わらなかった理由

エアコンつけっぱなしにしても、どうして消費電力量が変わらないのか。
大きな理由が二つ考えられます。
 

ひとつは、エアコン起動時の消費電力が抑えられること。

エアコンは、最初に立ち上がるときに、まとまった電力を使うそうです。頻繁に付けたり消したりすると、それだけ電力が消費されるそうです。

また、起動して最初に、熱々になった部屋を冷やすので、ここにも集中して電力を使います。連続稼働していれば、部屋はそこまで熱々になりません。
 

もうひとつは、冷蔵庫が楽をできること。

部屋が暑いと、冷蔵庫も熱くなってしまい、庫内を冷やすために、より多く電力を使います。そして、冷蔵庫自身の排熱でさらに熱くなる、という悪循環。

しかし、エアコンが付いていると、冷蔵庫も冷やしてくれます。よって、冷蔵庫の消費電力が減るのだと思います。
 

私たちは、冷蔵庫の影響が一番大きいんでないかと思っています。

今年もつけっぱなしかな

人間の感覚としては、エアコンを連続稼働するようになったら、寝苦しくないし快適になりました。
特に主人は夏バテしやすいんですが、うさぎのおかげで調子が良い、と喜んでいました。
 

冷蔵庫に頑張らせて部屋が暑くなるより、エアコンに頑張ってもらって冷蔵庫も自分たちも快適、の方が、我が家としては良い気がします。
今年の夏も、うさぎはいないけど、エアコンは付けっぱなしの運用になりそうです。

コメント

スポンサーリンク