うさぎの牧草、食いつきが悪い時は干してみよう

牧草ですが、自然のものなので、買うたびごとにロットが変わるようです。500g×6袋ずつまとめ買いして、3カ月ほどで食べているので、注文間隔の関係もあり。
袋にロットが書いてあるわけではないですが、見た目の色・質感や、出したときの長さなんかが違っています。
 

で、ロットが変わると、たいてい食いつきが悪くなります。
警戒しているのか、口に合わないのか。
新しい牧草を警戒しています
 

こういう時は、牧草を干してみます。

袋の口を開けて、物干しピンチで吊るして、日光に当てる。ごく適当な干し方です。
牧草を干しています
 

袋のにおいが飛ぶのか、牧草の香りが立つのか、けっこう食べっぷりが良くなります。

牧草の様子を探る

食べた
 

開けて時間が経って湿気たり、理由は分からないけど何だか食べない、って時にも、こうして干すと効果があったりします。
前のブログでもネタにしてます。→ 2016.12.23 牧草を干した

うちのうさぎ
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク