サイトデザインを変更しました。

【親指タイピング】フリー入力で、タイピング速度計時モードを作りました

ずっと作りたかったやつを、本日公開しました!

実際に文章を打つ速度がどれほどか知るには、フリー入力で計るのが一番だと思うのです。
というか、タイマーが動くのが、単純に面白いです。
フリー入力(計時モード)|親指タイピング

スポンサーリンク

フリー入力(計時モード)画面です

何かキーを押すと、測定が始まります。
で、Enter2連打またはDeleteで、タイマー停止。停止中にDeleteでリセット。ボタンでも操作できます。
タイマー停止時には、入力総字数、入力速度、削除字数、最終字数、が表示されます。
フリー入力計時モード画面

今までのフリー入力と比べて変更点

タイマーを追加しただけでなく、色々変えました。
 

表示では、まず文字の大きさを調整しました。今まで全体的に大きめだったのを、標準的な大きさに変えてスッキリと。

それからカーソル(の代わりの■記号)を表示するようにしました。これだけの事ですごく見やすくなったような。

あと、親指の設定をプルダウンに変えました。今後、設定項目を増やしたいので、無理なく追加できるレイアウトにしました。
 

裏方のプログラムでは、書ききれないほど色々変えたんですが。
根本的なところでは、入力されたキーの判定方法を変えました。

今までは、ブラウザによって”keyCode”または”which”という値を取って判定していました。
が、これらのパラメータは、今後推奨されないそうなので、”key”という値で判定するように変えました。

それから判定のたびに、若干重いループ処理を行っていたので、もっと高速な処理に変えました。
 

主な変更はこんなところです。
これらを、タイピングゲームまわりにも反映するべく、改装を進めます。

フリー入力だからこそ、という点

お題を打っていく方法だと、目で見たものを、指から出力しています。
でも、ブログ書きや小説書きだと、頭の中の考えを、直接出力します。
やってることの流れが、フリー入力の方が実際に近いと思います。
 

あるいは、紙の文書を入力していくとか、音声データを起こすこともあるでしょう。
そういうのも、フリー入力なら、実際の紙や音声を元に打ってみることができます。
 

そんなわけで、フリー入力の速度を測れたら便利だね、と勝手に考えて作りました。
ぜひ遊んでやってください。

フリー入力(計時モード)|親指タイピング

親指シフト入力関係
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク