サイトデザインを変更しました。

うちのうさぎの闘病記録3~入院2日目(うんこが出始めた!)

とちの記録、続きです。(5日中3日目)
1日目はこちら
2日目

このシリーズのご注意:
・うさぎが好きな方にとっては、かなりつらい内容だと思います。(私もしばらく読み返せない気がします)
・人間の医療を連想しながら書いているため、近しい人に何かあった方にも、つらい内容かもしれません。
以上ご了承の上、お読みください。
スポンサーリンク

5/22(入院2日目)

病院から朝いちでの連絡はなかったので、とりあえず一晩持ったらしい、と安堵。

14時頃、電話で一度様子を聞きました。(病院のルールで、入院患畜の様子を聞くのは、午後の面会時間帯と決まっています)
若手の担当先生が話をしてくれました。
 

その後、仕事を切り上げた主人と合流し、面会に行きました。

16:30頃 見舞い

「病室」は、一つ隣に移動し、一番端っこになっていました。

とちの様子

■最初:
後ろを向いて、呼吸が荒い様子。(レントゲンを撮ったばかりだったそう)
首が左に傾いてる。
5月22日、16時半ごろ

呼び掛けていると顔を洗おうとしたが、左手の点滴が邪魔なようで、手を床に何度かバタバタと打ちつけていた。

昨日と同じ袋の点滴が、同じ速度(8ml/h)で入っている。
ランプ点けて温め継続されている。
 

■先生の話(後述)を聞いた後、なでに戻る:
頭をべったり床につけて、左に傾いてる。床に唾液のしみができている。
前脚に力が入らない様子でバンザイしている。(力を抜けるようになったのはよい兆候、とも考えられる。ガチガチに力が入るほどの苦痛はない、と考えられるから)

耳は温かい。(今日もライト点いてる)
背中の筋肉やわらかめ。
おなかも柔らかくなって、昨日よりほっそりした。

帰りがけに、居住まいを正そうとしたのか前足に力を入れて、後ろ向きながら背筋を伸ばした姿を見せた。

上級医より説明

レントゲンを見ながら話を聞きました。

■昨夕16時台:
造影剤(バリウム)を入れた直後。胃・腸にガスがたまっている。
毛球症だと、毛の塊を造影剤が取り巻くように写るが、そのような像は無い。毛はあるがバラけている状態。したがって手術適応は無い。

■今朝8時頃(12時間後との説明)
造影剤は、胃袋からほとんど流れ出しておらず。うさぎは通常4時間くらいで流れ出すので、遅れている。

■今夕16時すぎ(24時間後)
ようやく腸に造影剤が流れ込んでおり、正常な場合の4時間後の所見に近い。胃袋は朝より小さくなったが、まだ大きい。
(腸のガスは、素人目にも大きく減っている。造影剤は、腸の途中まで来たように見えた)

■以上より、おなかの動きがすごく悪い、しかし原因掴めず、の状態。
おなかを動かす薬の投与を続けて、内科的にもうしばらく様子を見ていく。
(これまでに出た便は、体調不良の前に食べた分であり、造影剤はまだ出ていない。)

若手先生より

本日午後になってうんこが出た。細かいのがポロポロと10粒以上は出た。
(一部ゴミ箱から拾って見せてくれました。砂利粒のような、かなり調子悪いときのサイズでした)

チモシーは、口に含んでいるのは見たが、飲み込んだかは分からず。

温度板より

ケージの前にあるチエックシートを見ると、尿は出てる様子。
体温は今朝38℃台、日中36℃台。(ランプ点けて温めてこの状態)
 

うんこが出始めたということは、止まってしまっていたおなかが動き始めたということ。
ゆっくりで良いので、このまま回復に向かってほしいところですが・・・。
 

翌日に続きます↓

うちのうさぎの闘病記録4~入院3日目(与えれば食べるようになってきた)
とちの記録、続きです。(5日中4日目) 1日目はこちら 2日目 3日目 このシリーズのご注意: ・うさぎが好きな方にとっては、・・・
うちのうさぎ
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク