うさぎ生後3カ月半、初めてのキャベツ

かがりを迎えたうさぎ専門店では、生後4カ月から、野菜を少しずつ食べさせてくださいと言われました。

うさぎは基本的にペレットと牧草で生きていけますが、食いつきが悪いときや体調を崩したときのために、野菜も食べられるようになっておくのは大事なことです。
好物の野菜なら、体調を崩していても食べてくれる場合があるからです。
生後3カ月半頃のかがり

というわけで、10月下旬。
生後3カ月半くらいですが、フライングでキャベツ、いってみました。

スポンサーリンク

キャベツです

さあ、キャベツの芯だぞよ、かがり。(気付いてない)
キャベツの芯とかがり
さすがに匂いだけで寄ってくる事はないですね。知らないもんね。
 

旦那が鼻先へ持っていきます。かがりの鼻先にキャベツの芯

しばらく匂いを嗅いで、ちょっと歯を当てて、そのままかじり始めました。
キャベツの芯の匂いを嗅ぐかがり

という感じで、初回から食べてくれました。口に合ったようです。

先代と食いつきぶりが違う件

とち(先代)の場合、生後6カ月頃に初めてキャベツを与えたときは、匂いを嗅ぐばかりで食べませんでした。
何回かトライしてやっと食べて、その後は好物になった、という流れです。

一方、かがりは最初から食べました。
物怖じしない性格のためか、当時のとちより若いからか。

まあ両方だろうね、と思っています。

キャベツです(再度)

数日後、またキャベツを使ったので、与えてみました。
キャベツを食べるかがり

だんだん食いっぷりが良くなります。よしよし。
キャベツを食べるかがり2

コメント

スポンサーリンク