【市販ルウなし】シャトルシェフで、あっさり牛すねシチュー【前半】

先月、クリスマスのことです。
スーパーに行ったら、時節柄、美味しそうな牛すね肉(オーストラリア産)がたくさん並んでいました。
これは買うしかない・・・!

で、手持ちのレシピ本とWEB上のレシピと、勘と経験を頼りに、今ある材料でビーフシチューをひねり出したので覚え書きです。
 

シャトルシェフを使いましたが、すね肉はちゃんと柔らかくなりました。
午前にあらかたの作業を済ませ、午後にも少々手を入れて、夕飯に間に合うよう仕上げていきます。

前半は、午前の作業までを書きます。ブラウンルウも作るよ!
 

参考:ビーフシチュー|大場英子さんのレシピ【オレンジページ.net】

スポンサーリンク

今回の材料

牛すね肉・・・585g(1パック)
ニンニク・・・3かけくらい
玉ねぎ・・・大1個

ローリエ・・・2枚
マギーブイヨン・・・1個
水・・・300ml
赤ワイン・・・200ml

カットトマト缶・・・200g

人参・・・小2本
ブナシメジ・・・1/2株
アスパラガス・・・4本(1束)

小麦粉・・・大さじ6
バター・・・10g
オリーブ油・・・大さじ3

牛すねシチューの材料
※全ての材料は写っていません

午前の作業

午前にやったことは、ざっくり以下の3点。
 ・肉を煮る
 ・他の材料も切っておく
 ・ブラウンルウを作る

ひとつずつ書いていきます。

肉と玉ねぎを煮込む

まずは鍋に入れる前の準備をします。

牛すね肉:
事前に塩コショウをして、30分ほどなじませておきます。
で、表面を焼いて、食べやすい大きさに切ります。(切ってから焼いてもきっとOK)
牛すねシチューの肉を焼いているところ

牛すねシチューの肉を切っているところ

ニンニクと玉ねぎは、切って炒めます。
牛すねシチューの玉ねぎを切っている

牛すねシチューのニンニクを切ったところ

牛すねシチューのニンニクと玉ねぎを炒めたところ
 

準備した具を、全部鍋に入れます。
ローリエ、ブイヨン、水、赤ワインを足して煮始めます。
鍋に牛すねシチューの肉を入れたところ

牛すねシチュー、最初の煮込み開始

10分以上煮たら、トマト缶を加えてさらに5分~10分。
保温鍋に入れます。
牛すねシチュー、最初の保温に入るところ

肉を焼き始めてからここまで、50分ほどかかっています。

他の材料も準備

ここは合間に出来る作業です。

人参・キノコは適当に切ります。
牛すねシチューの人参

牛すねシチューのきのこ

アスパラは適当に切って、塩ゆでにしておきます。
(クタクタに煮こまれても良ければ、下茹では不要。この場合は、人参・キノコと同じタイミングで、生のまま投入します)
牛すねシチューのアスパラ

ブラウンルウを作る

とろみと色と風味を付けるためのブラウンルウです。市販ルウを使わないので自作です。
初めての工程なので、じっくり行きます・・・!
 

ブラウンルウは、バターと小麦粉で作ります。
参考にしたレシピには「バター大さじ4」とありましたが、冷蔵庫に10gしか残っていなかったので、足りない分はオリーブ油を使用しました。(ちなみにバター大さじ1は12gだそうです。誤差です)

油を溶かして、小麦粉を入れます。
牛すねシチューのブラウンルウの油

デジカメのタイムスタンプをメモっていきましょう。
11:57
ブラウンルウ作成中|牛すねシチュー

木べらでひたすら混ぜながら火を入れます。
火は弱火で、少しずつ強めたり弱めたりしながら混ぜています。
11:58
ブラウンルウ作成中|牛すねシチュー
12:06
ブラウンルウ作成中|牛すねシチュー
12:09
ブラウンルウ作成中|牛すねシチュー
12:11 ここで開始から15分弱。
ブラウンルウ作成中|牛すねシチュー

で、ですね。
肉と玉ねぎを炒めたフライパンを、うっかりそのまま使ったので・・・だんだん何かのカスが焦げて混じります・・・大丈夫か?
12:14
ブラウンルウ作成中|牛すねシチュー
12:18
ブラウンルウ作成中|牛すねシチュー

12:21 小麦粉投入から25分弱で、完了としました。
ブラウンルウ完成|牛すねシチュー
良い感じの茶色になりました。
が、やっぱり何だか焦げ臭い気がするが・・・
 

あとで落ち着いて再確認します。
ひとまず皿に移して保管。
ブラウンルウ完成|牛すねシチュー

一旦片付け

午前の作業はこれで終了。使った調理器具を洗いました。

あと、一応鍋を再加熱しておきました。すぐ沸騰したので、必要なかったかもしれませんが。
 

ちなみに午前の作業時間は、1時間と40分くらいです。(肉に塩コショウをなじませる時間は除きます)
後半に続きます▼

【市販ルウなし】シャトルシェフで、あっさり牛すねシチュー【後半】
クリスマスに牛すね肉でシチューをひねり出した話、後半です。 時間のかかる作業は前半で終わったので、あとは簡単です! 前半▼ ・・・

コメント

スポンサーリンク