チョコクリームケーキの作り方と、来年気をつけること覚え

バレンタインなので、私のような時間に余裕のある人間は、チョコ菓子を作らないといけない!
という謎の使命感のもと、チョコクリームのケーキを作りました。
何度も作っているので、手は慣れております。
チョコケーキ全体

とはいうものの、ここのところ、作るのが年に1回程度になりつつあるので、覚え書きが必要な気がしてきました。
そんなわけで。

レシピ:◆りぴ・りぴ㊙チョコレートケーキ◆ by まれ子|COOKPAD
※私のまとめ↓より、本家さんの方が丁寧です↑

スポンサーリンク

材料

二人で食べるなら15cm、ホームパーティー等みんなで食べるなら18cmで作っています。

(15cmだと6~8切れとなり、二人分には少し大きいんですが、12cmだと小さくて寂しいような気がするのです)

品目18cm15cm
スポンジバター30g20g
牛乳50ml33ml
ココア20g13g
卵(Lサイズ)3個2個
砂糖120g80g
薄力粉80g53g
塗るものチョコレート200g150g
生クリーム200ml150ml
ココア適当量適当量
ジャム(好みで)大さじ3ほど大さじ2ほど

1日目:スポンジを焼く

慣れると、材料の量り始めからスポンジ焼き上がりまで、1時間半あれば行けます。
泡立ては手動でやってます。

0:下準備

・オーブンレンジまわりを片付ける。

・型の準備。(敷き紙、バター塗るなど。テフロン加工ならそのままでも行ける)

・スポンジの材料を全部量る。

1:ココアバターを作っておく

・バターと牛乳を合わせて、レンジで1分半または小鍋で加熱。

・ココアをふるって加え、よく混ぜ溶かす。

※小鍋を使うと、固まってきたとき再加熱しやすいです。
※ホットココアを作る感じで、牛乳で練る→バター入れて溶かす、でもいけました。(これだとココアをふるわなくて良いです)

2:卵の泡立て、オーブンレンジ予熱

・卵白を泡立てる。(角が立つまで)

・砂糖を2回に分けて加える。

・卵黄を加えてさらに泡立てる。(リボン状に落ちるくらい)

・卵の泡立てが終わったあたりで、オーブンレンジを170℃ 30~40分で予熱開始。
(私はここですが、オーブンによってタイミングがあると思います)

3:粉とココアバターを加える

※ここからゴムベラです。

・薄力粉をふるい入れて混ぜる。

・ココアバターを加えてさらに混ぜる。

4:焼く

・型に流し入れて、170℃ 30~40分。

※焼きながら、ココアバターの残りを牛乳に溶かしてココアを飲む→使った道具を洗う、をやってます。

5:冷ます→寝かす

・焼き上がったら、一度落として空気抜き。

・逆さにして数分置く。(台にくっつかないように、クッキングペーパーを敷いてます。クリームを塗るときもこれに乗せてる)

・型から出し、固く絞った濡れ布巾(キッチンペーパーでも)をかけて冷ます。

・冷めたらラップに包んで、冷蔵庫で寝かせる。(寝かすとスライスしやすいそうです)

2日目:クリームを塗る

準備開始~仕上がりまで、スムーズにいけば1時間ほどです。
クリームを塗る道具は果物ナイフです。(←手持ちの道具で使える物、と思ったらこうなった)

1:チョコクリームを作る

・チョコを刻んで(または割り砕いて)鍋に入れる。

・生クリームを加える。

・弱火で混ぜながら溶かす。(沸騰させないように注意)

・氷水につけて、泡立て器で混ぜて冷ます。(とろみが付くまで。泡立てるのも有り)

※ここなんです、覚え書きしたかったところ。
ホイップした方が口当たり軽くて美味しそう、と毎回思っては、以下を繰り返してます。
・泡立て→立てすぎ→かたくて塗りにくい、切り分けると側面が剥がれる

熱い段階では、ゆるすぎる、と感じるくらいでちょうど良いのだと思います。
時間に余裕があれば、ゆるいと感じる状態で、いちど冷ましてみるのも手です。(まあ面倒ですが)

ちなみに、塗っていて固くなってきたら、数十秒弱火にかけながら混ぜる→火から下ろしても混ぜ続ける→で柔らかくなります。

2:ジャムソースを作る

あってもなくても良いですが、近年マイブームなので書いておきます。
今回は自家製の柚子ジャム。スポンジの、クリームを挟む面全て(4面)に塗りました。

・ジャムを倍量の湯(水)で溶かす

3:スポンジをスライスして塗る

・3枚おろしにする

・内側となる面にジャムソース(あれば)を塗り、クリームを塗って重ねていく

・外面にクリームを塗る

・ココアパウダーを掛ける(ふるいながら)

できた

あまり均一に塗れないんですが、これは味わいである、かっこいいのである、と主張しています。
チョコケーキ全体

切ったところ。ものすごく色気のない皿で恐縮です。
チョコケーキ(カット)

保管はラップをかけて冷蔵庫に入れています。
仕上げにココアパウダーを掛けるのは、クリームにラップがくっつかないように、との意味もあります。

余談:余った生クリームの使い道

大抵、適当に料理に使います。

今回は、ブルーチーズのローズソースパスタをやってみました。
旦那が買ってきたブルーチーズが、中々使わなくて余ってたのでひらめいたものです。美味しかったです。
ケーキの余りでローズソースパスタ

具:玉ねぎ、ベーコン
ソース:余った生クリーム50ml、カットトマト缶100g、適宜水
味付け:ブルーチーズ少々、塩、胡椒
ブルーチーズも色々あると思いますが、匂いが強烈だったら「これは香辛料」と思って使うと、効きすぎなくて良いです。

コメント

スポンサーリンク