カラヴァッジョ作品について語りたくなった【フェルメール展2018脇道】

カラヴァッジョは、16世紀末~17世紀始めに活躍した、イタリアの画家です。

ルネサンスの直後くらいに現れて、光と影の劇的な表現や、写実的な描写、構図の斬新さで、後世に大きな影響を残したすごい画家。
本人は、暴力事件など起こしては逃げ回り、しまいには殺人罪で死刑宣告まで受けた無法者。

そんな色々と刺激の強い方です。
 

フェルメールも、特に初期の作品で、直接・間接にこの人の作品を参考にしています。
彼の光遣いが上手いのは、カラヴァッジョの影響もあるのです。どの程度かは分かりませんけど。

光が上手い以外にも、弟子いない、寡作、若くして亡くなっている(フェルメール40代/カラヴァッジョ30代)、など、意外と共通点があります。
 

2018年フェルメール展では、冒頭の「神話画・宗教画」の章に、カラヴァッジョも描いている題材がちらほらありました。(本人の作品は来ていません)
それを見てたら、「カラヴァッジョの方がすごいじゃん(主観)」が止まらなくなってきたので、記憶を中心に書いてみます。
この人の記事、一度書きたかったんです。
 

では、フェルメール展関連(と勝手に決めた)作品と、私が好きなだけの作品、とりまぜて5点紹介します。
刺激弱めの絵からいきます。
 

情報源:
2016年カラヴァッジョ展(国立西洋美術館)の記憶
2016年にローマ旅行に行った記憶
もっと知りたいカラヴァッジョ―生涯と作品 宮下 規久朗/東京美術 2009年
下記のウィキペディア

画像出典:
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ – Wikipedia
ナルキッソス – Wikipedia
旅行先で私が撮った写真

スポンサーリンク

聖マタイの召命

「マタイによる福音書」より、キリストが、徴税人のマタイを「私に従いなさい」と呼ぶ場面。
聖マタイの召命-カラヴァッジョ

フェルメール展に、この絵から影響を受けた絵が来てますが、比べてしまうとコントラストが甘いのですよ。
光と影の付け方が、ほんとすごい。画像では潰れて見えちゃうのが残念です。
 

この絵は教会の祭壇画ですが(サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会)、現地では絵の中と同じ方向から、実際の光が注ぎます。
そんな計算もされてるのです。
聖マタイの召命(現地)

ナルキッソス

カラヴァッジョ展に来てたのを見て、やべえと思ったやつ。
 

題材は、ギリシャ神話です。

美少年ナルキッソスが、神を侮辱して怒りを買い、自分にしか恋できないという罰を受けた。
彼は水面に映った自分の姿に見とれて、水辺から離れられなくなり、そのまま水仙になってしまった・・・
という話。
 

この、何ともいえないエロス! 吸い込まれそうです。
実物は、けっこう大きい絵で(「マルタとマリアの家のキリスト」より一回り小さいくらいか)、少年がもっと美しく浮き上がって見えます。
ナルキッソス-カラヴァッジョ

題材としては、水仙とか女神とか、色々と要素があるんですが、カラヴァッジョは全部省略してます。
こういった、要素の削ぎ落としぶりは、フェルメールとも通じると思います。

ロレートの聖母

大好きな絵です。神々しい!
手前の巡礼者の、きたない足の裏を描いちゃうところが、当時は画期的だったとか。
ロレートの聖母-カラヴァッジョ

これも、「マタイの召命」と同じく祭壇画です。(サンタゴスティーノ教会)
巡礼の旅をして教会にたどり着いた人が、絵の中の巡礼者に自らを重ね合わせ、聖母子が現れる奇跡を疑似体験する、という効果を狙っています。
上手いです。
ロレートの聖母(現地)

ダヴィデとゴリアテ

ここから人が死ぬ系なので注意を。
まずは私が好きなだけの絵です。(好きというと誤解を招くが)
 

旧約聖書より、巨人ゴリアテを倒した、勇敢な若者ダヴィデ。
彼は、ヒーロー的な描かれ方をする事が多いそうです。

戦ってる最中を描いたり、首を取った得意げな顔を強調したり。
で、ゴリアテの首はというと、目立たない隅っこに描いてたり、画面から見切れてたりします。
 

そんなダヴィデを、こんな顔させるとか。首も結構目立ってるし。
ゴリアテの首を持つダヴィデ-カラヴァッジョ

勇者は綺麗事だけではつとまらない、と現実的な面を見せつけるようなのです。
フェルメール作品には決してないやつです。
 

これはカラヴァッジョ最晩年の作品で、ゴリアテの首は、画家本人の自画像だそうです。
罪人へ恩赦を与える権利を持つ、ボルゲーゼ枢機卿への、手土産にするため描いたと言われています。(事件を起こしてローマを追放されていたので、恩赦を願い出ようとしていた)

という裏のある絵ですが、それにしたってこの表現はすごいと思うのです。

ユディトとホロフェルネス

最後にひときわキツいの行きます。フェルメール展関連です。(と勝手に決める)
 

従者を連れて敵国の陣中へ乗り込み、大将ホロフェルネスが酔いつぶれたところを狙って、まさに首を取らんとする、美しき未亡人ユディト。

これは無法者にしか描けない生々しさではなかろうか、とか思っちゃう。
ユディトとホロフェルネス-カラヴァッジョ

フェルメール展には、この直前の場面の絵が来てますが。(画家は違います)
そちらも美しいですが、生々しさでは言うに及ばず、、です。

あとがき

というわけで。

フェルメールと光の印象が全く違い、絵の雰囲気も全く違う、
だけど意外な共通点もある、カラヴァッジョ絵画。

ほんの一部ですが、紹介でした。

参考書です

こちらの本には、カラヴァッジョのほぼ全ての作品が取り上げられていて、読みごたえがあります。

オールカラーで、当記事に引用した画像よりは、だいぶ絵が見やすいです。

また、カラヴァッジョ本人の無法者ぶりや、意外と小心な部分なんかも、たくさん紹介されていて興味深いです。
すごい人だけど、友達にはなりたくない・・・!

そんなところで、終わります。
 

関連記事

フェルメール展2018感想~激変するオランダ絵画市場を生きた画家たち
始まりました、日本では過去最大のフェルメール展! 勢い余って、初日の朝一番の時間枠でチケット取ったので、行ってきました。(2018年10月・・・
フェルメール展2018、感想以外~知っておくべき背景、混み具合、ゆっくり見る作戦など
先日、フェルメール展2018に行ってきました。東京(上野)会場です。 この記事では、  ・事前に知っておきたい知識  ・会場の様子・・・

ここでも勝手に二人を比べてます↓

【チケット販売開始!】過去最大のフェルメール展が上野・大阪に来る! 日時指定入場制ってどんな感じだろうか
こんど、東京・上野の森美術館で、10月5日(金)~来年2月3日(日)にかけて、フェルメール展が開催されます。大阪は来年2~5月です。   ・・・

コメント

スポンサーリンク