フェルメール展2018、感想以外~知っておくべき背景、混み具合、ゆっくり見る作戦など

先日、フェルメール展2018に行ってきました。東京(上野)会場です。

この記事では、
 ・事前に知っておきたい知識
 ・会場の様子、混雑具合
 ・フェルメール作品をゆっくり見るには
・・・といった「ネタバレなし」系の話題を書きます。

ネタバレありの感想はこちら

スポンサーリンク

事前に知っておこう:17世紀オランダの背景を3行で

自分は知ってて良かった! と思ったので、ざっくり書きます。

この展覧会、フェルメールだとばかり思って行くと、たぶん「???」ってなります。
「フェルメールと影響を与え合った作品たち」というよりは、「フェルメールが生きた時代のオランダ絵画について紹介」のように、私は感じました。
 

というわけで、展覧会に来ているのはどれも、フェルメールの生きた時代・17世紀オランダの絵画です。
この時代この場所について、ざっくり3行でまとめると、以下のとおりです。

  • 民主化が起きた → 王候貴族の肖像画とかの需要が激減
  • キリスト教の宗派がプロテスタントに(偶像崇拝禁止) → 宗教画の需要が激減
  • ⇒その他民衆に向けて、市場原理の中で絵を描かないと食っていけない

今回のフェルメール展は、このようながらりと変わった社会の中で、画家たちが制作の方向を模索した記録でもあるのです。
私にはそう見えました。

会場の様子

日時指定制なのも含めて、どんな感じかを書きとめます。
フェルメール展パネル2

入場前

当日券の状況は、現地では、チケット売り場の脇に掲示されています。
フェルメール展当日券状況

公式Twitterでも当日朝に出ます。
公式サイトにも埋め込まれています。

私が行った、展覧会初日は、午後から空きがあるようでした。(13:00~14:30の枠以降)
 

長い傘と大きな荷物は、入場前に預けます。
傘預けは無料、荷物のコインロッカーは100円返却式です。

私は、100円玉を持ってないというポカをしましたが、周囲のスタッフさんに聞いたら両替してくださいました。どうもすみません。

ちなみに荷物預け場所に入る際は、チケットの日時を確認されます。
次の入場時間の人が並ぶための場所も作られていました。
フェルメール展入場待ち場所

あ、入場待ち時間は、全くありませんでした。
(9:30~10:30のチケットで、10:20頃に入場しました)

会場内

会場内は、ベンチがほとんどありませんでした。
あってもほぼ人で埋まっています。

「ちょっと座ってゆっくり眺める」は期待しない方が良さそうです。
まあ絵も小さいのが多いので、座って遠くからでは、雰囲気しか分からないかもしれませんが。
 

空調については、快適でした。
私が行ったのは、雨が降って肌寒い、最高気温20℃といわれる日でした。
長袖Tシャツ+カーディガンで行き、そのまま見て回りました。

冬場もこの室温だと、もしかしたらコートは暑いかも。

私の所要時間

展覧会初日の朝一番、9:30~10:30のチケットで入って、気の向くままに見てきたら、以下のようになりました。

  • 10:20頃に入場
  • 11:10 いったん見終わる(最後のフェルメールの部屋は、「マルタとマリアの家のキリスト」だけじっくり見て、あとは人の頭越しにチラチラと)
  • 11:30 最初から見返して、フェルメールの部屋に戻ってくる
       「ワイングラス」の辺りから並んで、「牛乳を注ぐ女」まで7枚、最前列で眺める(列の進みは遅い)
  • 12:00近くに「牛乳を注ぐ女」離脱、ショップへ
  • 12:10 ショップの会計に並ぶ
  • 12:15過ぎ 会計終了

というわけで、だいたい2時間でした。
最前列で見ることにこだわらず、ショップで時間を消費しなければ、1時間でも大丈夫かも。

期待よりは混んでいた

絵の前には人だかりがあるけれど、ちょっと下がると余裕をもって見渡したり、目録(小冊子でした)を読んだりできる、という感じでした。
「怖い絵」展のように、通路まで人がみっしり、という状況ではなかったです。

それでも、時間が進むと段々混んできた印象です。
公式サイトでオススメされている通り、入場時間枠の最後らへんを狙ってみたけど、意味あったのか、なかったのか・・・
 

展覧会初日って事で、熱意のある鑑賞者が多かったと思うので、まあ混むよね、とは思いました。

そもそも、この日は9:30~の枠も、11:00~の枠も予約枠いっぱいだったそうです。
最大混んでもこれくらい、と思えば、「怖い絵」展よりはずいぶんマシだ、とも思いました。

追記:他の方のレポートを拝見すると、時間枠の最初は長蛇の列となったり、一度に入場する人数を制御される事もあるようです。
時間枠の最後を狙うことで、少なくとも「入場待ちをしなくて済む」という効果はあったようです。

オペラグラス、あったらいいよ

そんなわけで、見たい絵の前には、たいてい人だかりができていました。
最前列で見るには、自然発生している列に並ぶ必要がありました。(人の流れを読みましょう)

オペラグラスがあれば、ぜひ持っていきましょう。
フェルメールの絵は、比較的小さいものが多いです。
最前列に行っても、角度によっては保護のガラスの反射で、よく見えなかったりしました。
細かい光の粒の表現とかを見ようと思ったら、オペラグラスがないときついです。

フェルメールの部屋をゆっくり見るには

ぜひともフェルメールをゆっくり見たい! という場合は、少し作戦が必要かな、と思いました。
フェルメールの作品は、最後の6章にまとめられているので、以下の要領ならば確実にすいているかと。

  1. あさいちばんのチケットを取る
  2. 開場より少し早めに現地へ
  3. 一番乗りくらいに入場する
  4. 最初にフェルメールの部屋に直行
  5. 気が済んだら、あらためて他の展示を回る

とくに休日は、時間が進むほど、中は混雑すると想像します。

大阪展では日時指定券じゃないので、早くいくのが大変かもしれませんが・・・
私はこんな作戦しか思いつきません(汗)
参考になれば。

予習したい方へ

私が事前に読んで、良かったのはこの本です。会場のショップにはなかったので、良かったらどうぞ。

真贋について議論のある作品を含め、37点中36点が網羅されています。(「フルートを持つ娘」という、ひじょーーに疑わしい作品だけ外されています)
17世紀オランダ絵画市場の特徴も、この本は分かりやすかったです。

 
メインの感想はこちら↓

フェルメール展2018感想~激変するオランダ絵画市場を生きた画家たち
始まりました、日本では過去最大のフェルメール展! 勢い余って、初日の朝一番の時間枠でチケット取ったので、行ってきました。(2018年10月・・・

脱線↓

カラヴァッジョ作品について語りたくなった【フェルメール展2018脇道】
カラヴァッジョは、16世紀末~17世紀始めに活躍した、イタリアの画家です。 ルネサンスの直後くらいに現れて、光と影の劇的な表現や、写実・・・

コメント

スポンサーリンク