親指シフト5ヵ月目~入力速度がローマ字に追いついてきた

2か月頃に入力速度対決した時より、だいぶ近づいてます。

関連記事

【親指シフトvsローマ字】入力速度対決してみたら、現実が見えてしまった
以前計画立てたやつの結果です。親指シフト歴2ヶ月半程度で、どれくらいの速度が出たのでしょうか。 前の記事↓ 方法(抜・・・
スポンサーリンク

結果です

今回は自分のサイト(親指タイピング)を使って、簡易な比較です。
応用編 > ことわざ を使いました。
 

親指シフトで打った結果。
62字+ミス3字で、28.8秒。速度135.5字/分。
親指シフト入力速度

同じ文をローマ字入力で。メモ帳へ入力し、キッチンタイマーでの測定です。
62字+ミス1字で、22秒。速度172字/分。
ローマ字入力速度

文字数で2倍近い速度差があったのが、1.3倍程度まで詰まっています。
良い感じであります。

ふだん記事など書いているときには、もはや全く速度差は気になりません。

もっと速くなるために

ローマ字レベルにキーを覚えるのはそうなんですが、他にも思うところがあります。

ソフトの設定

まず、ソフトの設定(親指の反応速度)を、もう少しシビアにした方がよさそう。

「やまぶきR」の設定「親指シフトが同時打鍵と判定される時間範囲」を、当初は60、いま50にしています。この数字が自分の速度に対してゆるいと、次のキーにシフトが響いてしまって、一定速度以上速く打てないです。

最近「DvorakJ」も使ってみたんですが、このソフトだと、私の設定よりも少しシビアな感触です。(調整はできないっぽい)(すいません、DvorakJでも調整できました。設定画面で、キーボード > 入力全般 > 待機と遅延 >「日本語入力」の項で変更ができます)
50で慣れたら、もーちょい速くしてみます。
 

タイピングサイトも、お客さんが各自で調整できる設定にしたいなと、最近すごく思っています。
ただ、プログラムをあちこちいじらないと出来ないので、将来の課題と思っています。
今は初心者向けの反応速度となっています。

2018/6/13追記:設定できるようになりました!

キーの荷重

あとは、キーボードのキーの荷重が、もう少し軽いといいのかなあ、と。今のキーボードもけっこう軽いんですが(数値は知らないんだけど)、もう一声。
親指と同時に押すと、アルファベットのように単独で押す時より、やっぱり重いと感じることがあります。
かっとなったらキーボード買い替える、かも。

そんな感じです。
 

続き↓

親指シフト9ヵ月目~名作小説でタイピング速度を測ってみた
親指タイピングサイトで、お題「名作小説」を作ったので、これを使って自分の速度を測ってみました。 現在、かなり何も考えなくても打てるようにな・・・
親指シフト入力関係
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク