【物理キーが好き】スマホで文を書くのが煩わしくなった話

以前、スマホのフリック入力が良いなんて感想も書いたんですが、ここのところさっぱりなのです。

出先とかでメモを書くならケータイ。
自宅などパソコンがあればキーボード。(親指シフト)
さもなくば手書き。
フリックが面倒で面倒で。

面倒ついでに、何が面倒なのか吐き出してみます。
ASUSスマホ

スマホ入力の面倒な点

目が疲れる

画面を凝視していないと打てません。
物理キーだと、ちょっと目をつぶっていても手探りで入力が続きますが、フリックはそうは行きません。
極めている人なら、多少見てなくても打てるのかなあ。

ミスタッチが多い

隣りのキーを押しちゃったり、フリックしたつもりが振れてなかったり、というのがけっこうあります。

フリック入力のパネルを大きく表示すれば、隣りのキーを押しちゃう事はなくなりますが、今度は手の動きが大きくなってしんどいので、善し悪しです。

英語キーは小さい

英字はキーボード表示が見やすいんですが、あれもキーが小さいゆえにミスタッチが多いです。
特にパスワード入力。一度間違えて、慎重に2回目で通ることが多いです。

手が疲れる

親指で打ったり中指で打ったりしますが、手を浮かせがちだからか、肩から疲れます。
腕ごとどこかに置いて打つのが一番ですね。

コピペとかやりにくい

長押しで選択して、範囲を指定して、コピーしようとしたら選択解除しちゃった、とか。
しょっちゅうあります。

手とスマホが合ってないかもしれない

以前より大きいスマホに変えたので、手の大きさと合ってないのかもな、とも思います。
フリック入力のパネルを、入力する手の側に寄せて表示してはいますが、それだけでは解決しない感じです。

というわけで物理キー

ガラケー・実キーボード万歳の人になってます。
物理キーでもミスタッチはしますが、「私は悪くない!!」とイライラするたぐいでは無いので、そこが良いです。
 

実キーボードを親指シフトにしたら、パソコンでの長文入力が煩わしくなくなったので、この影響も大きいと思いました。
パソコンでの入力が楽になった分、フリック入力の楽さが目減りし、画面を凝視する負担が際立っています。
スマホを出すより、パソコンを開いてキーボード入力する方が楽なのです。
 

よってスマホは、ネット見るのとモバイルルーター代わりで十分、という使い方になってます。あと、たまに写真撮ったり、アプリで遊びます。

音声入力とかするなら、また違うのかもしれませんが。
現状はこんな感じです。
 

関連記事

ローマ字入力がうざったいと思ったことはありませんか?~なんで親指シフトをやろうと思ったのか、私の場合
「親指シフトを出来るようになろう」と心が決まったきっかけについて、忘れないうちに書いておきます。 最後の一押しになったのは、ローマ字入力の...
スマホは文書きに向いているのかも、と思った話
スマホのフリック入力が、他の道具よりも特に文章を書きやすい気がするので、なんでだろうと掘り下げて考えてみました。
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
こちらもいかが?

シェアする

フォローする