念願のいちごジャムを作った~手順や所要時間覚え書き

小粒のいちごをジャムに作ってみたい、と願望を持っていました。
昨年は、リンゴと混ぜたジャムを作って満足してまったので、今年こそは、いちご単独のジャムを!

というわけで、まだ旬のピークではないですが、うらなりイチゴのパックを見つけたので買ってきました。
いちごのパック

スポンサーリンク

今回の材料

・いちご 1パック
 ・・・つまみ食い後にヘタを取って、220g

・砂糖 いちごの30%
 ・・・66g

・塩 いちごの0.5%(塩を入れたいのは田舎の感覚だからです)
 ・・・1.1g

・酢 大さじ1
 

計算が必要なレシピや、作り慣れないレシピは、毎回手順書を書いています。ご参考まで。
いちごジャム手順書

手順

下準備

いちごをバックから出しました。右側の皿に取り分けたのは、つまみ食い用です。(すっぱめの粒も混じっていました)
パックから出したイチゴ

ヘタを取りつつ、あまりにも傷んでいるものをよけます。3分ほどで一気に。
いちごのヘタ取りビフォア

いちごのヘタ取りアフター
片手間で瓶の煮沸もしています。
参考記事 柚子ジャムを作った話(後半)~瓶の煮沸、ジャム詰め、最終的な所要時間

一度洗い、残った軸の部分を切り落とします。部分的に傷んでいれば、その部分も。5~6分かかりました。
いちごの軸切りビフォア

いちごの軸切りアフター
これで約220g。
同時くらいに、瓶の煮沸消毒も終わっています。

ちなみに取り除いたヘタと軸は、あとでうさぎのおやつに与えてみます。

煮る

いちごを鍋に入れて、砂糖、塩、酢を加えます。
鍋にイチゴを入れたところ
(追記:今回、砂糖は全量三温糖を使いましたが、人によって三温糖の風味が気になるかもしれません。白砂糖と半々にすると、あまり気にならないです)

鍋をゆすってなじませ、火にかけます。ここまでで、作業開始から15分ほど。
いちごに砂糖他をなじませたところ

ちなみに火加減は、最初から最後までずっと弱火です。

数分で水が出てきました。5分も経つとこんな感じ。
加熱5分後

10分経過。グツグツしています。いちごが汁の中で回っています。
加熱開始後10分

20分経過。あくがモリモリしてきたので、ちょっとすくいます。(あんまり取らない方針です。めんどいし、ある程度消えるし)
この辺りから、焦げないように頻繁に混ぜてます。
加熱開始後20分

24分経過。だいぶ泡が大きくなって、粘度が増している様子です。
加熱開始後24分

そろそろかなー? と思いながらいちごをつぶす。(この頃には難なく潰れます)
いちごをつぶしているところ

26分~27分。もうちょい粘り気が増しました。こんなもんかと。
加熱開始後26分

加熱開始後27分

完成

瓶に詰めてみると、なかなかの少なさです。
150mlひとつ分にも満たないです。
いちごジャム完成

蓋の再消毒がてら逆さまに。内気圧が下がりすぎて開かなくなるフラグが。
(追記:その後、冷蔵庫で冷えた状態のを主人が開けて、固かったけど素手で開いたそうです)
いちごジャム完成2

鍋に残ったのを味見。甘みと酸味がちょうど良いです。香りもばっちり。これは美味しい。
いちごジャム味見

まとめ

今回の数字をまとめます。

【材料と出来上がり量】
いちご 220g(1バック弱)
砂糖 66g
塩 1g
酢 大さじ1(15ml)
 ↓
ジャム 133g

【所要時間】
材料の下処理 15分
煮る 30分弱

※瓶に詰めた後の脱気殺菌はしていません。

いちごの分量が少なかっただけあって、早く出来上がったと思います。
あと、いちごの下処理はラクです。りんご切ったり、ゆずの皮を刻むのとは大違いです。

いちごジャム、楽しい!!

終わります。
 

追伸:切り落としたヘタの部分は、とちにやってみましたが、警戒して食べてくれませんでしたorz
いちごのヘタ

コメント

スポンサーリンク