【天才対決】レオナルド×ミケランジェロ展の紹介します【岐阜10/5~11/23】

アルチンボルド展と相互割引、と案内が出ていたので、HPを見に行ったら面白そうでした。(9/26追記:アルチンボルド展は終了しました。相互割引は東京会場のみです。)
というわけで紹介です。

公式 レオナルド×ミケランジェロ展

※こっちの記事↓で有名人として引き合いに出した二人が、まさかの相互割引になって、私はびっくらこいています

【会期終了】だまし絵を超越! 上野でアルチンボルド展【西洋絵画が苦手な人こそ】
国立西洋美術館でのアルチンボルド展を紹介していた記事の名残です。 アルチンボルドは、次はローマで企画展があるそうです。(公式ツイッター...
スポンサーリンク

展覧会と画家について

本展で取り上げられる2人にラファエロを加えて、「ルネサンス三大巨匠」というそうです。美術の教科書に載ってたり、しばしばテレビに出てたりするので、知っている方は多いんじゃないでしょうか。

  • 「モナ・リザ」や「最後の晩餐」、「ウィトルウィウス的人体図」などなどのレオナルド・ダ・ヴィンチ。
  • 彫刻「ピエタ」「ダヴィデ像」や、祭壇壁画「最後の審判」のミケランジェロ・ブオナローティ。
  • 「アテネの学堂」や「小椅子の聖母」のラファエロ・サンツィオ。

この三大巨匠のうち2人(しかもあんまり仲良くなかったらしい)が比較展示される!
 

ひとまず公式HPより、みどころです。

15世紀イタリアで画家として才能を発揮し、建築、科学、解剖学の分野にまで関心を広げ「万能人」と呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチ。
10代から頭角を現し「神のごとき」と称された世紀の天才彫刻家ミケランジェロ・ブオナローティ。
本展は、芸術家の力量を示す上で最も重要とされ、全ての創造の源である素描(ディゼーニョ)に秀でた2人を対比する日本初の展覧会です。
素描のほかに油彩画、手稿、書簡など、トリノ王立図書館やカーサ・ブオナローティ所蔵品を中心におよそ65点が一堂に会します。
「最も美しい」素描とされる、レオナルド作《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》と、ミケランジェロ作《〈レダと白鳥〉の頭部のための習作》を間近で見比べる貴重な機会となります。

 
目玉となっている「素描」は、いわゆるデッサンのこと。一般的に「デッサン」とは、ペン、鉛筆、木炭、パステル、コンテなどを用いて、「単色」の「線画」で絵を描くこと、です。
物の形を正確にとらえる力が問われます。絵画や彫刻の上達手段として、素描は基礎の基礎、筋トレのようなものなんでしょう。
しかも、試作や下絵、練習といった、裏方的な役割だけではありません。芸術家が考えている事柄を表現する手段、「精神の具現」として、素描は非常に重要な役割を持っているのです。というか、ルネサンス期の巨匠たちの芸術活動を通して、素描の芸術的価値が高まっていったといいます。
何だか、意外なほど奥深いです。 
 

レオナルド・ダ・ヴィンチには、アルチンボルドも影響を受けたといいます。あんなキテレツな絵を描く方ですが(褒め言葉)、それは基礎がものすごくシッカリしてこそなので、素描も徹底的にやっていたことでしょう。
なんぞと想像しながら鑑賞すると、アルチンボルド展の方も、もっと面白いかもしれません。

参考:それぞれの生没年
ダ・ヴィンチ  1452-1519
ミケランジェロ 1475-1564
アルチンボルド 1527-1593
(ラファエロ)  1483-1520

参考
ブルーガイド海外版編集部『わがまま歩き29 ローマ ミラノ フィレンツェ ヴェネツィア』第5版(実業之日本社、2009年)P189
そびょう【素描】 – 武蔵野美術大学造形学部通信教育課程:造形ファイル
素描とは – 日本近代美術史サイト
デッサンとは何か – 日本美術会附属研究所
ジュゼッペ・アルチンボルド – Wikipedia
 

★7/7追記:行ってきました!

レオナルド×ミケランジェロ展の感想~巨匠の頭の中を覗いてみよう
ダ・ヴィンチのネタ帳や、ミケランジェロのアイデアスケッチの試行錯誤が見られて、二人の巨匠の頭の中を覗いてきた気分になれました。面白かったです...

スポンサーリンク



展覧会情報

それぞれ、公式サイトから引用・編集させていただきます。

【終了】東京会場

レオナルド×ミケランジェロ展
会期:2017年6月17日(土)~9月24日(日)
開館時間:10:00~18:00(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜休館(但し、祝日は開館)
会場:三菱一号館美術館

岐阜会場(2017/7/7追記)

レオナルド×ミケランジェロ展
会期:平成29年10月5日(木)~11月23日(木・祝)
開館時間:10月5、6日 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  10月7日(土)以降 午前9時~午後7時(入館は午後6時30分まで)
休館日:会期中無休

会場:岐阜市歴史博物館 1階特別展示室

専用駐車場はないので、岐阜公園駐車場を使ってくださいとのことです。
アクセス詳細はこちら → 岐阜市歴史博物館|岐阜市公式ホームページ

チケット

※追記日現在、販売終了しているものは省略です。

★通常料金

種別 当日券 前売・団体(20名以上)
高校生以上 1,500円 1,300円
小中学生 750円 650円

※前売券の販売は10月4日(水)まで。取り扱い場所は以下の通り。
・岐阜市歴史博物館受付
・チケットぴあ(Pコード 768-314)
・イープラス
・ローソンチケット(Lコード 43203)
・セブンチケット
・岐阜新聞販売店

※以下の方は無料になりますので、①②の方は証明できるものをご提示ください。
①岐阜市在住の70歳以上の方
②身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方とその介護者1人
③岐阜市内の小中学生
④家庭の日(10月15日【日】、11月19日【日】)に入館する中学生以下の方

詳細 → レオナルド×ミケランジェロ展(岐阜会場)

スポンサーリンク
関連記事
関連記事

シェアする

フォローする