漢方薬(煎じ薬)の匂いについて~同居人の理解を得るのが続ける秘訣

漢方薬を煎じるってことは、煮るってことです。蓋をしないで一時間。煮ている間は当然、部屋の中は漢方薬の匂いになります。(※煎じる時間は、処方や医療機関によって違うことあり)

この匂いが、飲む本人と他人とで、感じ方が違う場合も多いようなのです。この記事では、そんな漢方薬の「匂い」について書いていきます。

煎じる前の薬も、ある程度の匂いがするので、そのへんの実感や出来事も紹介します。

※この記事は、旧ブログ2017.2.2の記事を再編集したものです。(主人から「他人から見て匂いをどう感じるかも書いとけば?」とコメントを貰って生まれた記事です)

スポンサーリンク

本人は良いのだけど・・・の話

煎じ薬は、煮て(煎じて)いると、独特の匂いが部屋中に漂います。
処方によってだいぶ違いますが、木や土、干した果物などの匂いがない交ぜになったような、何ともいえない匂いです。処方によってもだいぶ違います。

この匂い、飲む本人は、まだ良いのです。
必要だと思って煮ていますし、証(しょう:体の状態)が合っていれば、匂いも快く感じます。

しかし、旦那さん(や他の家族)にとっては、証が違えば不快な匂いに感じる場合もあります。
うちの主人は、特に『折衝飲(せっしょういん)』が、独特の匂いで驚いたようです。くさいとも言ってました、そういえば。私はくさいとまでは思いませんでした。

また、漢方薬とはどんなものかを理解されていなければ、怪しい薬をグツグツしてるようにも見えかねません。そうすると余計に、匂いが気になってしまうと思います。

漢方不妊治療を受けに来た患者さんの中には、旦那さんが匂いに耐えられなかったことが理由で、服用をやめてしまう人もいるそうです。(先生談)
不妊治療に限りませんが、初めて煎じ薬を出してもらうときは、家族も一緒に漢方診療所へ行って、匂いがするもんだよってことも含めて、色々話を聞ければ理想的なのかと思います。

くさいという「折衝飲」の紹介はこちら↓

不妊治療の漢方薬(煎じ薬)その2~瘀血(おけつ)を取る薬と、服用期間の話
私が飲んだことのある煎じ薬を語るシリーズ、今回は漢方でよく聞く? おけつ関係です。 瘀血(おけつ)とは、「血の巡りが悪くて溜まっている、古・・・

移り香にもちょっぴり気をつける話

煎じる前の薬は、変質を防ぐため、冷蔵庫で保管します。また、湿気が溜まるのも良くないので、包みは紙です。
一回分ずつ小さい紙袋に入って、それが紙の薬袋に綺麗におさまっています。
漢方薬の袋1

漢方薬の袋2

で、紙なので、匂いが漏れて、冷蔵庫の中はほんのり漢方薬の匂いになります。

もっとも、これはそのうち慣れました。移り香についても、普段特に気になるような事はないですが、一回だけあったのが、主人の焼酎

晩酌でグラスに注いで、なんでだか飲み残して、ラップもかけないで冷蔵庫に入れてあったんです。
次の日、なんだか味が違うと変な顔をするので、2人して匂いをかいだり口に含んでみたりして、結局漢方薬の匂いが移ったんだと分かったのでした。

アルコールに溶けやすい匂いだったのかもしれません。
ラップをかければ、話は違ったのかもしれません。
そんなこともありますので、冷蔵庫にむき出しで食べ物・飲み物を入れるのは、ご注意下さい。

漢方薬じゃなくても、移り香ってありますよね

また別の日には、冷凍ストックの刻んだ生ニラの匂いが、回り回って冷蔵庫へ入ってきて、主人の緑茶(これまたラップなし)に移りました。
なかなか不可思議な味になったようです。
漢方薬ばかり奇異の目で見てはいけません。

話を戻して、まとめます

漢方薬を煎じる匂いは独特で強いので、同居人(旦那さんや家族)に理解してもらえないと、続けようにも続けられなくなってしまいます。
うちの主人は幸い、よく受け入れてくれていて、私が仕事で遅い日には、代わりに薬を煮てくれることまでありました。おかげで欠かさず飲み続けることが出来ています。

と、ここまでではなくても、同居人をうまく巻き込んで理解してもらうのが、続ける秘訣のひとつだと思っています。

関連記事

不妊治療の漢方薬(煎じ薬)その1~体を温める薬と、さじ加減による味の変化
私が飲んだことのある煎じ薬を語るシリーズです。記事公開現在、東京・銀座にある漢方診療所、玄和堂診療所に通っています。全国から患者さんが来てい・・・
不妊治療の漢方薬(煎じ薬)その2~瘀血(おけつ)を取る薬と、服用期間の話
私が飲んだことのある煎じ薬を語るシリーズ、今回は漢方でよく聞く? おけつ関係です。 瘀血(おけつ)とは、「血の巡りが悪くて溜まっている、古・・・
漢方薬の煎じ方・飲み方~仕事しながら、旅先で、のやりくり方法も
たぶん「煎じる」って聞いただけで、「何それ面倒臭そう」ってなる人が大半だと思います。 でもね、慣れます! 旦那でもできた! (うちの・・・
漢方薬の相性は三段階あると思う~「合うと美味しい」の体感を書いてみます
漢方薬は、体質に合うと美味しく感じる、と言います。で、体質が改善して薬が合わなくなってくると、味もまずくなってくるそうです。 飲んでいると・・・
不妊治療関係
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク