テキトウな丸いフライパンで、いかに綺麗に卵焼きを作るか

(旧ブログからの移転記事です)

丸いフライパンで卵焼き、というのがマイブームです。

2週間に一回くらいのペースで、作っては主人の弁当に詰めたり、自分の昼食にしています。
卵焼き(完成)

ちなみに、卵焼き用の四角いフライパンを買う気は、今の所ありません。ブームとは去るものです。(適当)

スポンサーリンク

準備します

フライパンというか、炒め鍋です。
28cmの大きいやつです。テフロン加工です。
卵焼きを作るフライパン

卵5個、ツナ缶ひとつ、醤油と砂糖とコショウ。
卵焼きの材料を混ぜたところ

たいてい、卵5個+なにか具、で作っています。
こないだまでは、ひき肉の炒めたやつを混ぜてたんですが、ツナ缶でも美味しい気がして、ちょっと手抜き。

私は生卵が苦手なので、この時点では味見していません。出来上がって味が薄かったら、ケチャップか醤油の出番です。

焼きます

ツナ缶の油に、炒め油を少し足しました。
油を入れたところ
入れすぎたかな。まあよい。
 

卵液を、お玉に2杯と半分ほど入れます。
卵液投入その1
火加減は、フライパンのお尻にギリギリ付かない程度の弱火で、のんびり行きます。

ある程度固まってきたら、端から巻いて、奥へ寄せます。
固まってきた

巻いたところ

巻く、というよりは畳むイメージですね。
箸で卵の端っこを起こし、小さいフライ返しで畳む、という感じです。
卵焼きの道具
弱火なので、よっぽど放置しない限り焦げることはなく、良いキツネ色でいてくれます。
 

卵液を、お玉に2杯追加。
卵液追加
いま巻いたやつの下にも、箸で持ち上げたりフライパンを傾けたりして、卵液を流し込みます。
 

巻きます、2回目。
ちぎれた端っこなんかが発生したら、固まりきってない部分にひっつけて、巻き込んでしまいます。
2回目を巻いたところ

卵液を足します。
残りを全部入れました。
卵液投入3回目

ちょっと多かったので、一回畳んで奥へ寄せ、フライパンを手前に倒すと、卵液が広がって、良い厚みになりました。
3回目巻き中

だいぶ分厚くなったので、フライ返しで押さえつつ、最後まで焼き付けていきます。
巻き終わり付近

完成です

最初の卵液を流し込んでから、9~10分で焼けました。
卵焼き完成

ぽっきり折れそうな予感がしたので、フライ返しをもう一本追加して、皿に移しました。
冷ましに行きます

冷めたら切り分けて、冒頭の写真のようになりました。
卵焼き(完成)

ここでようやく味見。ほんのり甘辛で、ツナがジューシーで良い感じになりました。
 

関連記事

テキトウな丸いフライパンで、いかに綺麗に「バウムクーヘン」を作るか
以前、適当なフライパンで卵焼きを作る記事を書きました↓ こうして卵焼きマイブームをやっているうちに、同じ要領でパウンド生地とか・・・
うちの台所
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク