検索流入を意識して書けるようになった話~2018年振り返り1

師走なので、まとまりたい気分になってきました文月です。

当ブログ二年目の今年は、思い付いた事をポロポロ書いていって、最後にまとめ記事を作って、年末のご挨拶に代えようと思っております。
うまくいくかしら。
 

ひとまずその1は、「なにを考えて記事を書いているか」の話です。(アクセスアップ的な意味で)

スポンサーリンク

検索に乗ることを意識して書く

昨年もだんだん意識してましたが、今年は「書けば1ページ目くらいに来る!」と自信をもって書くことが増えました。
1ページ目に来る=検索されればみられる、ということです。

大前提として、興味あることや覚えておきたいことしか書かない、ってのはありますが。(←マイペースを崩さないスタイル)
それでも書き方次第で人の目に留まる、検索エンジンに拾ってもらえる、ということを、より実感するようになりました。
(検索エンジンが拾ってくれるのは、ドメインの力が付いた影響も大きいと思います)
 

その結果、
今年(2018年1月1日~12月21日)の、閲覧数上位60記事のうち、23記事が今年の作です。
今年の記事は、これから検索上位に上がってきたり、来シーズンに爆発する記事なんかもあると思うので、まあまあ意図通りに書けてるんじゃないか、と思っています。

記事によって意識の差はある

たとえば美術展やイベントの記事は、大体見られる(=何かのワードで上位に来る)と思って書いています。書いた時期が早いほど強い、というのも分かってきました。
今年だと横浜駅SFリアル謎解きや、フェルメール展。公開後すぐに1ページ目に来てました。

うさぎ関係の一部も、ウケればすごいかも、と思って書いてます。
一番検索流入が多いのは、うさぎの爪を切ってない話。昨年秋に書いたやつです。
 

逆に旅ネタなんかは、書いてみないと分からない・時間が経たないと分からない、と思っています。
たとえば今年の夏休みの北海道旅行は、今のところ「セコマの飲むヨーグルト」が一番検索に引っかかってます。なぜだ。
 

まあ検索に乗る・乗らないどちらにしても、内容が分かりやすいタイトルを付けて、読み取りやすい文章を書いて、見出しも付けて・・・と意識することは同じです。

ほかに意識してた事など

これまた記事によりますが、こんなこと意識したなーというのを書きます。

競合がいない! と思ったら書く

自分が調べたくて検索し、欲しい情報が中々なかったので書いた記事が幾つか。
同じ切り口の記事が少なくて、「書けば必ず1ページ目」の打算も強いです。

特に印象深いのは、先述の「うさぎの爪を切ってない」と、「ノートパソコンの電源が入らない」です。

どちらも月に3ケタほど、安定して検索流入があります。

瞬発力を出せたと思う記事

気になる美術展やイベントの紹介は、チラシとかで情報を得た時点で、とりあえず一本書く意識が付きました。(開会が近い時は別ですが)
昨年は「怖い絵」展でナチュラルにやってましたが、今年はフェルメール展などで、意識的に書くことができました。

はがきデザインキットのインストール・アップデート」は、11月のうちにやってみて、エラーが出たりもしたので、これはと思って書きました。
世間の年賀状制作のピークが来る前に公開できて、ぐいぐいPVが伸びています。
検索流入すごいけど、役立っているだろうか。

ひとつのネタで2本以上書く作戦

イベント記事なんかは、熱意とネタがあれば、切り口を変えて2本以上書きます。
すると、どちらがウケたかが見えて面白いです。
また、ある程度回遊されるので、ページビューが伸びて直帰率は下がります。

これは木下サーカスに行った記事を書いたことで、昨年わりと早い時期から意識してました。
今年はフェルメール展関係をいくつか書いて、閲覧数のわりに直帰率が低いのを目の当たりにしました。

データ分析はあんまりしてない

検索ボリュームや関連ワードといったデータを突き詰めた上で、狙って書くと、さらにプロの技に近付きます。
が、私はデータまわりを見過ぎると、視野狭窄を起こしがちなので、今年も「書きたいことを好きなように書く」に終始しました。

あとがき

以上、
今年は大爆発するほどの記事はなかったですが、確実に資産(記事)は増えました、という感じです。

時々「なにか攻めた記事を書かないといけないんじゃないか?」みたいな自問をしますが、何度考えても「マイペース」に戻ってくるので、私はこんなもんだと思っています。

検索とか関係ない記事も沢山書きましたしね。
そんなとこです。
 

全体まとめはこちら▼

2018年振り返りのまとめ~PV・収益、方針、SNSなど
独自ドメイン2年目の年越しを迎えようとしています。 この1年を、数字も出しながら総まとめしてみます。(記事中のPV・収益は、3桁目で四捨五・・・

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました