親指シフト練習記録その2~ローマ字入力離脱後

5/12の練習開始から二週間ほどで、ブログ記事を書くときは、ほぼ親指シフト入力になりました。(他にガラケーでも結構打ってますが)

というわけで、昨日の続きです。

親指シフト練習記録~準備から、ローマ字入力離脱前まで
先月(2017年5月)から、思い立って親指シフト入力に挑戦しています。始めてから1カ月半くらい経ちました。 なかなか良い感じで、まとま・・・
スポンサーリンク

練習履歴:ローマ字入力離脱後

■5/25(14日目)
この頃から、記事文章を打つ時は、常に親指シフト入力。まだまだローマ字入力よりは遅い。

うっかりローマ字の感覚でグワーッと打っちゃうと、意味不明な文字列が出る。慣れるのみ。
 

■5/29の週(3週目)
ホームページ改装の関係で、HTMLやCSSをいじる事か多く、親指シフト入力から少し遠ざかる。
 

■6/15(35日目)
「あしうを/ん」辺りはブラインドタッチになってるが、割と配列表を見ながら打ってる。押し間違えて直すことも割とある。

でも指が頑張らなくて済むためか、何だかストレスフリー。
ローマ字(アルファベット)入力と、キーボードへの手の置き方が違うのが、実感として身についてきた。
 

■6/21(40日目) 相変わらず配列表は見てる
疲れない!
キーボードに手を寝かせたまま打ってる感じ。ローマ字入力(自己流)みたいに手を浮かせることがない。

車の運転や包丁での皮剥きに慣れるみたいに、だんだん肩の力が抜けている。
 

■6/23(42日目)
入力したい文字数に対して、キーを押す回数が半分近く減るのを実感している。(今までは、慣れてないことの負担感で相殺されてた)
いちいち配列を見てる割に入力が進む。
手が疲れない分、頭の方に元気が回っている。

かなり慣れた感じがする。

感想(6/28時点)

以上のような過程をたどり、練習開始から1カ月半で、すっかり親指シフト入力がメインになりました。
配列表は、完全に染みつけば自然に見なくなるだろうと思って、無理に覚え込もうとはしていません。(諦めたともいう)
 

ここ数日、記事を書いていて思うのは、ローマ字入力で長文を打っていた感覚を忘れつつあるってことです。
あんなにガチャガチャ必死で指を動かしていたのは、一体何だったのだろうかと。

また、考えたことをローマ字変換せずそのまま出せるので、頭が軽くなったな、というのも実感としてあります。

そんな感じで、私はすっかり親指シフト入力が好きになりました。
ミスタイプは多いので(しかも配列表を見て打ってると気づかない)、たまには基本をおさらいすると良いのかもしれません。

 

練習環境とかの説明は、その1にあります↓

親指シフト練習記録~準備から、ローマ字入力離脱前まで
先月(2017年5月)から、思い立って親指シフト入力に挑戦しています。始めてから1カ月半くらい経ちました。 なかなか良い感じで、まとま・・・

関連記事

ローマ字入力がうざったいと思ったことはありませんか?~なんで親指シフトをやろうと思ったのか、私の場合
「親指シフトを出来るようになろう」と心が決まったきっかけについて、忘れないうちに書いておきます。 最後の一押しになったのは、ローマ字入力の・・・
親指シフト入力のタイピング練習サイトを公開しました!
無料で遊べる、親指シフト入力体験・練習・タイピングゲームのサイトを公開しました。特別なプログラムがなくても、英数入力モードのままで遊べます。・・・
親指シフト入力関係
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク