ブログとプログラミングの共通点~構成をよく考えて、分かりやすい名前を付ける

プログラミング言語も「言葉」だなあ、と思う件。
何度か書いてる気がしますが、また書いたので上げます。

スポンサーリンク

ブログの場合

タイトルおよび記事中の見出し、あるいはカテゴリー名やタグに、分かりやすい名前を付けます。
過不足なく内容を示すものが最高です。

うまく付けられると、見出しを読むだけで、中身がある程度分かったりします。

タイトルについては、パッと人目を引く文言であることも大切ですが・・・
最近それほど気にしてないです。

プログラミングの場合

変数や関数、ファイルの名前に分かりやすいのを付けます。
この変数の役割は何か、この関数はどういう動作をするのか、ピッタリ示せると最高です。

うまく付けられると、関数名を見るだけで処理の想像がつきます。
コメント書きもほとんど要らなくなったりします。

共通点

そんなわけで、タイトル通りではありますが。

名前に気を遣うことで、記事やコードが、スラスラ読めたり書けたりします。
筋が通るのです。
 

ブログだと、タイトルや見出しがうまく決まると、何を書くかも定まってしまってすごく楽、ってことがあります。
プログラムの関数や変数名がハマると、見るのも書くのも分かりやすい上に、動作までスムーズになる可能性があります。

プログラミングも、やっぱ言語だなあ、面白いなあ、と思っています。
精進しなきゃ。
 

関連記事

JavaScriptやPHPと、古典で習う「漢文」の、意外な共通点
最近、やりたいことがあって、JavaScriptやPHPをかじっています。 これらはプログラム言語の一種ですが、書けるようになってくる・・・

コメント

スポンサーリンク