ピーターラビットガーデンカフェが、テーマパーク並みの夢の国だった

先日、自由が丘のピーターラビットガーデンカフェに行ってきました。
うさぎ好き3人で大はしゃぎです。
味も美味しかった!

ちなみに、平日夜に行ったら、ほぼ貸し切り状態でした。
平日より休日、夜より昼のほうが混んでいるようです。

それでは、写真大量で、夢の国をお送りします。

スポンサーリンク

入口

この看板を目印に、店に着きました。
入口看板2

入口のプレート。
入口看板

階段の上に、アーチがあります。
今も緑がたくさんですが、花の時期にはもっと美しいことになっていそうです。
ピーターラビットガーデンカフェ入口

↑は帰り際に撮ったので、メニューの看板などは仕舞われていますが、来た時にはこんな感じで、メニュー紹介とサンプルが出してありました。
入口メニュー

アーチをくぐると、脇にはでっかいピーターが!
入口脇のピーター
葉ぼたんなど、寒い時期の植物が植わっていて、ピーターラビットの世界に連れ込んでくれます。

店内

屋内席と、テラス席があります。

こちらは屋内。
屋内席

テラスはこんな感じ。
どの席も、ピーターや三姉妹が座って待っています。
テラス席

私たちはテラス席にしました。
テラスといっても、外とは完全に仕切られて、空調も効いており、ほとんど寒くありません。
座っていると足元がだんだん冷えてくる感じはありましたが、ひざ掛けを貸していただけたので、けっこう快適でした。

メニュー選び

まずはメニューを選びます。グランドメニューと冬のおすすめメニュー、平日限定のセットメニューがありました。

メニューの冊子は、絵本のように挿絵がちりばめられていて、とても眼福です!
また、どのメニューも、ピーターラビットシリーズのお話に由来があって、それを読むのも楽しいです。
※グランドメニューと季節のおすすめメニューは、こちらから見れます。(公式サイト)
メニュー|ピーターラビットガーデンカフェ -Peter Rabbit Garden Cafe- 自由が丘

一緒に行った二人が、私以上にうさぎが好きすぎて、なかなか決まらない・・・!
メニュー

ちなみに、ナプキンのデザインも抜かりないです。
ナプキン

改めて店内

なんとか注文が出来たので、待つ間に店内をウロウロ。
ほぼ貸し切り状態で、写真撮り放題をさせていただきました。

飾り棚があって、お母さんうさぎや絵本が並んでいたり。
飾り棚

母さんうさぎ

上を見るとベンジャミンが座ってたり。
ベンジャミン

他にも、ぬいぐるみのピーターや、あひるのジマイマなど、色々なところに仲間たちがいます。
楽しいです。

テラス席には、大きなもみの木。
もみの木
ピーターたちは、もみの木の根元に住んでいますもんね。

料理が来ました

食べたメニューを紹介します。

メイン

私は、ねむねむサラダとミートドリアのセット。平日限定セットです。

サラダは、ドライアイスでもくもくさせて、眠たい雰囲気を出しています。
あひるのジマイマの型抜きが乗っていたり、ミニ人参が入っていたりするのも、世界観が出ていて楽しいです。
ねむねむサラダ

ミートドリアは、うさぎの耳が飛び出しています。
ケチャップ味で、定番の美味しさ。
ミートパイ

連れ1の注文、グランドメニューから、ねむねむサラダプレート”ハンバーグオムライス”
サラダの型抜きは、今日はジマイマの日の模様。
ラケルパンには、ピーターの焼印が押してあります。(陰になっちゃってますが・・・)
オムライスプレート

連れ2もグランドメニューより、ジマイマのオムライス”ハンバーグオムライス”
ジマイマの型抜きパンを焼いたものが乗っています。
ハンバーグオムライス

オムライスで有名なラケルの運営、という事もあり、味は確かです。
みんな美味しくいただきました。

デザート

食後にデザートも行きます!

ずるいねこのドリンク”ピーターラビットのカプチーノ”
連れ2が頼みました。
ピーターまたはベンジャミンを描いてもらえます。もったいなくて飲めないレベル。
カフェラテ

タビタ夫人のティータイム”フルーツバスケットフレンチトースト”
こちらは3人で楽しみました。フルーツだけでなく、お花まで散らしてあって、かわいい!
フレンチトースト

アイスクリーム、生クリーム、メープルシロップが付いてくるので、それぞれ好きなものを添えて食べます。
フレンチトーストの添え物

出来立てのフレンチトーストは温かかったです。ちなみに取り皿もピーターラビットです。
フレンチトースト2

ショップ

最後、会計のところに、ミニショップがあります。

ピーターラビットたちのぬいぐるみやグッズ、絵本シリーズ、オムライスのプレートに乗っていたラケルパン(ピーター焼印あり)も買うことができます。
ショップ

お皿やマグカップも。取り皿として出てきたお皿も買うことが出来ちゃいます。
オリジナル皿

あとがき

まさにピーターまみれ、なお店でした。楽しかった!

フードメニュー1,000~1,500円くらい、とこれだけ見れば少しお高めかもしれませんが、ピーターラビットの世界にここまで浸れたら、言うことないです。

うさぎが好きな方、ピーターラビットが好きな方、機会があったらぜひ行ってみてください!
休日やランチタイムは、予約がおすすめですよ。

ピーターラビットガーデンカフェ
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休
アクセス:東急大井町線・東横線「自由が丘」正面口から、徒歩約3分
下記公式サイトおよびGoogle Mapより

公式サイト
ピーターラビットガーデンカフェ -Peter Rabbit Garden Cafe- 自由が丘・町田

予約
ピーターラビット ガーデンカフェ 自由が丘|ぐるなび

地図:

コメント

スポンサーリンク