サイトデザインを変更しました。

読めそうで読めないQRコードを、どうにかして読む方法3パターン

そのままでは読み取れない、状態の悪いQRコードを、どうしても読みたい時。
私が試してうまくいった方法を紹介します。

私はAndroidスマホですが(機種:ASUS ZenFone3Max)、iPhoneの方にも参考になると思います。

※記事中のQRコードは、一部を隠して読めないようにしています。(いずれも「現地を訪れた人の特典」なので)
QRコード写真

スポンサーリンク

方法その1:公式アプリを使ってみる

QRコード読み取りアプリは、内部の画像処理プログラムが、ものによってある程度違うみたいです。
プログラムが高度なら、コードが多少粗かったり斜めったりしていても、読める可能性が高くなります。
カメラの性能だけではないのです。
 

で、これ↓
公式QRコードリーダー”Q”デンソーウェーブの無料QRアプリ – Google Play の Android アプリ

このアプリは、QRコードを開発したメーカー(デンソーウェーブ)が作ったものです。読み取りが速く、精度も高いそうです。
Android用、iPhone用があります。
 

読み取りアプリをこれに変えるだけで読めれば、儲け物です。
実際、スマホカメラに附属の読み取りモードでは読めなかったコードが、このアプリなら読むことができました。

今回はコントラストが問題でしたが、斜めになっている、小さい、などのコードも読み取りやすいみたいです。

【ご注意:QRコードリーダーQの初期設定】
URLを開く前に確認画面が出るように、設定を変えてから読み取りましょう。
(悪意あるコードを読んでしまって、詐欺サイトに飛び込んだりしないように、面倒でも変えておいた方が良いです)

方法:左肩の3本線メニューを開く > 設定 > 「開く前に確認メッセージを表示」にチエックを入れる
QRコードリーダーQのメニュー画面

QRコードリーダーQの設定画面

方法その2:QRコードを画像加工する

QRコードを写真に撮り、読みやすいようレタッチする方法です。

これは、スマホに元々インストールされているギャラリーアプリからできました。
 

まず、読めないQRコードを、写真に撮ります。できるだけハッキリ写るように頑張ります。

次に、ギャラリーからその写真を開きます。
画面を一度タップすると、下部に編集メニューが出ます。ここで使うのは、右端のレタッチ。
QRコードの写真編集画面

コントラストが良い具合にハッキリする効果を選択して、保存。
この時は「コミックス」が一番良い感じでした。
QRコードの写真編集画面2
 

こうしてレタッチしたQRコードを、画面に表示し、同行者のスマホで読んでもらいます。
すると、スマホカメラ付属の読み取りモードでも、読むことができました。
 

同行者がいない時は、先述の公式QRコードアプリが便利です。

アプリを開き、右肩の「アルバム」のアイコンをタップし、レタッチしたQRコード写真を選択します。
QRコードリーダーQの読み取り画面

すると、アプリが写真から直接、コードを読み取ってくれます。

読めなければ、最初の画面に戻り、読めなかった旨の表示が出ます。

方法その3:目測でレタッチする

これはもはや、力技すぎてお勧めできませんが、一応紹介します。
 

別の機会に撮ったQRコードです。
ひどいQRコード加工中
かなりひどいんですが、肉眼で見てると、何とか読めそうでなりません。

ので、パソコンに取り込み、レタッチソフトとペイントソフトで、強引に加工してみました。
まずは少しでも見やすい感じに、コントラストを調整。
そして、黒い部分に目測で「四角塗りつぶし」を行っていきます。

1回目は読めない仕上がりでしたが、2回目で読めました。
ひどいQRコード加工後
 

画像加工をもっと使いこなしている方なら、色域選択とかでうまくやりそうな気もしますが(←よくわかってない)、私の腕力ではこれが精一杯でした。
手間は半端ないです。1回30分とかかかりました。どうしてもって時の最終手段だと思います。
 

以上、状態の悪いQRコードを何とか読みたい話でした。

よもやま話
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク