うさぎロスに付ける薬~写真、クッション、動物園

とちがいなくなって、10日ほど経ちました。

居間は片付けがほぼ終わりまして、このあとケージを洗ったらひと段落、という所です。
ちなみに、まだ水や牧草をあげてます。口の開いてる袋は使い切ろうかなと。
とちのケージと写真

我ながら意外と落ち着いている、と思いきや、記事を書こうとするとうさぎ以外の話題が手に付かないので、思うほど落ち着いてはいないのかもしれません。
裏では色々やってるんですけどね。パン焼いたとか、タイピングでもぐらたたきゲームを作りたいので計画、とか。
 

まあそんなわけで、またうさぎの話です。
今回は、気持ちを落ちつける・整理するためにやったことを書いてみます。

スポンサーリンク

写真

初七日までには用意したいね、と主人と話して、私主導で用意した写真立て。2Lサイズが2枚入るものです。
とちの写真立て

主人と写真を選ぶんですが、どうにも選び切れないものだから、組み合わせ写真になりました。画像編集ソフトで作りました。(←暇人・・・!)
編集しながら、ふだんの様子を色々思い出して、ある程度気持ちが消化できた気がします。

これを、居間のすぐ目に入る場所に置いたことで、写真へ話しかけるようになり、何だか落ち着きました。主人も同じのようです。
 

ちなみに、店の写真プリント機でも、組み合わせ機能の付いたものがありました。
レイアウトが限定されますし、お値段も張りますが、便利に使えそうです。

うさぎクッション

ニトリで買ったこいつ。手が寂しいときにモフってます。(旦那もやってます)
ニトリのうさぎクッション(全身)

色的には、うちの奴と似てるわけではないです。
ただ、体のバランスは、ちょっと近いです。
何より、実体があってモフれるのが、癒しになります。手触りも良いし。
 

関連記事↓

ニトリのうさぎクッションがモフい件~そして、うちのうさぎが攻撃を仕掛ける
旦那がこんなものにだまされて買ってきました。(←人聞きが悪い) 999円です。 グレーのうさぎです。顎の下やおなかに白い部分も見・・・

動物園

実体があるといえば最強なのは、動物園のふれあいコーナーです。

横浜市内だと、たとえば野毛山動物園が、入園無料です。(募金箱に毎回300円くらい入れてますが)
平日なら、ふれあいコーナーは整理券不要。指定の時間内なら自由に出入りできます。
 

野毛山動物園は、うさぎはいませんが、ハツカネズミとモルモットがいます。(←ニワトリは眼中にない)

先日、ハツカネズミを手の上歩かせて遊んできました。ちっちゃいけど確かなぬくもりがあります。
(今回写真を撮ってないので、冬に行った時の写真↓)
野毛山動物園のハツカネズミ

モルモットは、毛がゴワゴワなので、うさぎとは手触りが違いますが、大きくて気持ち良いです。
野毛山動物園のモルモット

ペットショップを眺めるのも良いですが、自由に触ることはできません。その点、ふれあいコーナーは素敵です。

その他(あとがき)

というわけで、気が済むように色々やってますが(記事書くのも含め)、一番は、普段の生活をきちんと送ること、だと思っています。(←めそめそしてたら、あいつが心配してつつきに来る、とか考えてる)
それから、たくさん話すこと。我が家は主人と、あいつこんなだったね、と写真を見ながらめっちゃ喋ってます。

あとは、時間が癒してくれるだろう、とも思っています。

うちのうさぎ(初代とち)
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク