サイトデザインを変更しました。

【梨直売】五箇山のふもと、曳山の里・城端に、美味しい梨農園があります

知る人ぞ知る(だと思う)、とやま食の匠にも認定されている梨が、城端にあるので紹介します。
マルマツ果樹園といいます。

梨の玉に袋をかぶせる独自の栽培法により、少ない農薬で栽培できるそうです。
また、有機肥料を使っていて、樹上で充分実らせてから収穫しているとのこと。
こだわりの美味しい梨なんです!

スポンサーリンク

梨の見た目と美味しさをレポートします

母が毎年、この果樹園の幸水梨を送ってくれます。(ありがとう!)

クール便で届いたのを開けます。丸々と大きい梨が並んでいます。
城端梨(箱)

実はとてもみずみずしくて、剥いているだけで汁が滴り落ちるほどです。で、剥きながら味見する、と。
とても甘くて、歯ごたえも良くて、幸せな気分になれます。
 

一玉分を皿に盛ったところ。皮はうさぎ用です。
城端梨(剥いたところ)

皮をひらひらさせたら、ダッシュで駆け寄って食いつきました。
梨の皮を食べるとち

ウマっ!!
梨の皮を食べるとち2

減農薬なので、うさぎにも安心! と思って与えています。(そこを売りにしてどーする)

直売所(兼、宅急便受付)

直売所は、住所でいうと、富山県南砺市(なんとし)大鋸屋(おがや)です。
国道304号線を五箇山へ向かって走り、大鋸屋の交差点を過ぎた左側です。

グーグルマップ。大鋸屋交差点からのルートをプロットしてみました。縮小していくと、上の方に城端市街地があります。

ストリートビューで見ると、「なし直売」ののぼりがたくさん立っていて、宅急便ののぼりも見えます。ちょうどシーズンの時期にデータ取ってたんですかね。

手書きしてみました。この建物です。
直売所地図 

直売所では、ちょっと傷がついただけで美味しさは同じ! みたいな梨が、お得に手に入るのだろうと思います。
抱えて帰るのが大変なら、宅配のをお願いしちゃっても良さそうです。これだと送料など掛かる代わりに、我が家に来たような立派な梨が食べられますよ。

世界遺産バスだと通過してしまいますが、8月~9月に車で通る人は、よかったら寄ってみてくださいね。
 

参考 こちらのページに、富山の匠と認定された梨が紹介されています。(富山市・呉羽梨、魚津市・下野方梨、南砺市・城端梨)
なし|越中とやま食の王国

コメント

スポンサーリンク