シャトルシェフで黒豆を煮ました

暑さのあまり、がさつな煮方をしましたが、それでも美味しく煮えたので書いときます。
こんなに適当でも豆は煮れます!

スポンサーリンク

今回の材料

【主役】
黒豆 250g

【使った調味料】
みりん 2回しくらい
三温糖 小さじ山盛り11杯くらい
塩 小さじ2.5くらい

※味は、味見して調整お願いします。(重量で計るのをすっかり忘れました)(この手加減では、けっこう薄味です)

分量が知りたい方はこちら↓

黒豆をシャトルシェフで丁寧に煮てみた
以前の記事はがさつすぎたので、ちゃんと分量を量ってやってみました。 豆の袋に書いてある作り方も参考にしながら行きます。 ちなみに今回・・・

前日:水に浸けます

明日は比較的涼しいらしい、と天気予報を見て思い立ちました。暑い日の煮物は出来るだけ避けたいです。

買い置きの黒豆。全部入れちゃえ!
黒豆:洗う前

洗うだけで皮がはげちゃった粒もありますが、あんまり気にせず水を入れます。
タッパーひとつではあふれかえりそうで、二つに分けました。水はたっぷり。
黒豆:浸水開始

冷蔵庫で浸水します。

当日:シャトルシェフで煮ます

豆の状況

12時間後くらいです。よく膨れています。タッパー二つにして正解でした。
黒豆:浸水終了

一部皮がはげていますが、思ったほどひどくはないです。(煮たら色が滲みて、一層目立たなくなりました)
黒豆:浸水終了2

煮ます

シャトルシェフに、浸けてた水ごと全部入れて、ちょっと水を足して、豆が完全に浸かるようにします。
黒豆:煮る前

火にかけて10分くらいで沸いて、アクがモリモリ出てきました。綿菓子みたいに膨れ上がってる部分は取ります。写真のように水面にプクプクしてる程度なら気にしません。
吹きこぼれないよう、火を弱めておきます。
黒豆:沸騰後

そういえば私の祖母は、味を最初から入れちゃう派でした。ちょっと真似してみましょう。

みりん二回し、砂糖(三温糖)小さじ山盛り3杯、塩小さじ半分程度。
黒豆:味付け調味料
これくらいじゃ足りないと思います。後で味見して調整します。

ここらで蓋をして、火を止める態勢に入ります。

沸いてから10分くらい経ちました。外鍋に入れて、おやすみなさい。
黒豆:保温へ

再度煮ます

約一時間後、外鍋から出しました。静かな水面です。
黒豆:保温終了

食べてみます。煮え加減は、やわらかくて良い感じです。
黒豆:味見

味は煮汁で見ますが、予想通り、かなり薄いです。というわけで、火に掛けつつ足します。
塩! 砂糖!
追記:ここで汁を煮詰めるか、すくい出して減らした方が良いです。(一番下の関連記事参照)

塩を小さじ半分×2、
黒豆:塩を足す

砂糖を小さじ山盛り5、足しました。
黒豆:砂糖を足す

煮汁で、ちょっとくどいかな? ってくらいがちょうど良いです。豆にしみると、味は薄くなります。

完成!

豆の味がしっかりして、パクパク食べられる、薄味のおかず豆に仕上がりました。
黒豆:完成

三つに分けて、一つはすぐに食べる用にして、二つはジップロックに入れて冷凍保存します。解凍は冷蔵庫です。
 

関連記事

シャトルシェフと普通の鍋、使い分けや注意点~煮豆の場合
煮豆を、普段はシャトルシェフで作り置きするんですが、先日は普通の鍋で作りました。 比べると、やっぱり利点とか欠点があるなあと思ったので・・・
黒豆をシャトルシェフで丁寧に煮てみた
以前の記事はがさつすぎたので、ちゃんと分量を量ってやってみました。 豆の袋に書いてある作り方も参考にしながら行きます。 ちなみに今回・・・

コメント

スポンサーリンク