ポテチ食べながら親指シフトする速度を、ローマ字入力と比較しようとした

暇なんでしょうか、いいえ暑くて頭が変なんです、文月です。

えーと。
ポテチつまんで汚れた指は使わない、という条件のもと、3+5本の指で親指シフトしたら、意外と打ててしまいました。
ので、調子に乗って速度を測ってみました。

比較しないといけない気がして、ローマ字入力でもやってみました。が、こっちは挫折しました。

というわけで、暇な方は結果をどうぞ。

スポンサーリンク

前提

■使うのは、タイピングサイトの応用編より、名作小説「吾輩は猫である」です。
ひらがな341字の文章です。

■この文章で測ると、私の速度は以下くらいです。(字数はひらがなです)
・親指シフト:分速190字
・ローマ字入力:分速250打鍵(約150字)

■測定方法は:
・親指シフトは、練習サイトを直接使います。
・ローマ字は、見本とメモ帳を画面に並べ、キッチンタイマーで測りながら入力します。

■親指シフトの3+5の指使いはこちらを参照↓

ポテチ食べながら、3+5本の指で親指シフトしてみた
どうも、変な事やってます、文月です。   ポテトチップスでも、ナッツでも煎餅でも何でもいいんですが、パソコン打ちながらつまみたい時っ・・・

親指シフトの結果

経過時間3分17秒、ミスタッチ45回(12%)、ひらがな117.4字/分(ミスタッチも込み)
ポテチ親指シフト結果

当初より慣れました。(慣れてどうする・・・?)
ミス率も速度も、2か月目以上5か月目未満、ってところです。

ローマ字の結果(不完全)

経過時間2分25秒、ミスタッチ10字くらい(約5%)、ひらがな84.4字/分(約143打鍵)
打てた字数、204文字(最後まで行ってない)

メモ帳で打った証拠画像↓
ポテチローマ字入力結果

言い訳です

左手が汚れてる状況なら、ローマ字入力は右手で片手打ちかな。
と思って片手で打ち始めたんですが、やってられませんでした。手が痛い。

途中で左手の中指と薬指も使い始めて、速度はマシになったものの、どうもつらい。

結局最後まで打てませんでした。
予定外の結末でした。
 

お題を横目で見ている負荷は、そんなに影響ないと思うのです。今までさんざん打っているお題なので、半分覚えちゃってますし。

ローマ字の打ち方が頭から抜けかかっているんでしょうか。
それとも何だろう。
暑かったせいか。(←何でも猛暑のせい)

まとめと雑感

というわけで。
入力速度は、打鍵数ではローマ字の方が上ですが、かな数では親指シフトの方が上でした。
よって、打てる文章は親指シフトの方が多いです。
これは普通に両手で打った時と同じです。

今回の結果から、「不自由な状況でこそ、ローマ字入力よりかな入力の方が良い」というのが浮き彫りになった気がしています。
片手が丸々使えない場合はまた別ですが、指の1~2本ケガした程度なら、ローマ字入力して頭こんがらがるより、親指シフトの方が結果的に速い、と思いました。
ローマ字、すげー面倒だった・・・
 

ちなみに、ローマ字入力の測り直しは、やる気を失ったのでやりません。

以上、おしまい!

 
関連記事

ポテチ食べながら、3+5本の指で親指シフトしてみた
どうも、変な事やってます、文月です。   ポテトチップスでも、ナッツでも煎餅でも何でもいいんですが、パソコン打ちながらつまみたい時っ・・・
親指シフト1年、入力速度が最大値に達した気がするので現状報告
9か月の時点↓から、もう少し速くなって、親指シフトがローマ字入力の速度を完全に上回りました。(入力かな数で) ばんざーいやった・・・
親指シフト入力関係
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク