雪国の冬あるある

先日、富山市で初雪が降った! と言ってた日に、ちょうど実家に滞在していまして。
あんまり寒かったので、思いつく限り書いてみました。北陸の田舎の出身者による独断と偏見です。昔の記憶もかなり混じってます。

さて、いくつ共感いただけるでしょうか。

(イメージ写真は、過去の写真や頂き物からチョイスしてます)
雪山

自宅編

★雪の日は電気毛布が必須。電気アンカじゃ足りない

★親戚たくさん泊まったとき、電気毛布でブレーカーが落ちた

★吐く息で毛布の首元が結露する

★吐く息で、枕元で読んでる本のページがしっとりする

★除雪車が走る音で早朝に目が覚める→二度寝
除雪車

★自家用の小さい除雪機がある

★水道は凍らないように流しっ放し

★朝に窓ガラスが凍ってる

★コタツで着替えようとして怒られる

★コタツの中に誰かの靴下

★化粧下地が冷えすぎてうまく延びない

★ファンヒーターつける→室温0℃と表示される→表示できないだけでもっと低いはずだと内心突っ込む

屋外・交通編

★新雪は踏みたくなる

★手すりや車止めに積もった雪は落としたくなる

★木の枝に雪が積もっていると、雪玉をぶつけたくなる

★道路の融雪装置が、たまに噴水になってる
融雪装置

★融雪用の水で水溜まりができる

★歩道が雪で一段高くなる

★車道と歩道の間に雪壁ができる

★歩道が雪で埋まって通れない
 

★ふもとの市街地より山間部の方が、道路の除雪がきれいな気がする

★山道を慎重に走っていると路線バスに抜かれる

★車が一回転する勢いでスリップしたけど、路肩の雪壁に突っ込んだおかげで無傷だった

★電車は雪で遅れるけど、意外と止まらない

★数センチ程度の雪で麻痺する首都圏の電車が理解できない
どこかの駅

学校編

★雪かき当番がある

★体育でスキーをする

★体育で雪合戦をする

★放課後も雪合戦をする

★オシャレ男子は意地でもスニーカーとか履いてる→普通濡れる→教室の暖房に干して「くさい!」と言われる

★校内スキー大会や雪まつりがある(地域のもある)

★校庭の隅が、道路を除雪した雪の捨て場になってる→そうして出来た雪山でソリやスキーをする
校庭の雪

あとがき

スキーじゃなくてスケートな地域もありそうだし、融雪装置は北陸特有だったような気もするし、書きながらいろいろ思いましたがまあいいや。

同じ雪国でも、たとえば北海道だと、多少の雪では傘差さない、とかあるみたいですね。気温の差による雪質の違い。

とりあえず、私の覚えている冬はこんなだなあ、と思い出した話でした。

スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
こちらもおすすめ

シェアする

フォローする