【冷え性の人・妊娠希望の人へ】トロピカルフルーツには気を付けましょう、って話【体を冷やす食べ物】

今朝(2017/7/25)のNHKあさイチで、ドラゴンフルーツ(ピタヤ)が、スーパーフードといって特集されていました。
カリウムやマグネシウムといったミネラルが豊富で、ビタミンCや葉酸・鉄分も豊富で、甘くて美味しい上に、果肉の赤色が目にも鮮やか!(※白やピンクもあります)
ハワイで「ピタヤボウル」という朝ごはんが流行っているのをきっかけに、最近日本でも流行り始めているそうです。

カラフルでかわいいなあと思いつつ、これ冷えるだろうなーとも思ったので、私はそのへんをつらつら書いてみます。水を差すようですが、大事なところだとも思うので。

スポンサーリンク

生だったり冷えた状態のものを食べるから

ドラゴンフルーツに限らず、果物ってわりと生で、冷やした状態で食べます。
冷え性さんには、これが良くないです。

私の通う漢方診療所では、冷えがある人への生活指導として「生ものは控えましょう」というのがあります。果物、アイスクリームやシャーベット、生水、生野菜、生魚・・・火を通して、温かい状態で食べるのがベスト、とのこと。(アイスは無理だけどね)

だまされたと思って、意識して温めて飲み食いしてみると、確かにおなかの調子も良いのです。

たまに寿司を食べに行ったりして、そのあと下っ腹が痛くなったりすると、冷えたかなーと思ってずっと手で温めてます。けっこう楽になります。

暑いところ・暑い時期の作物は冷やす作用がある

これも、当たり前のように釘を刺されます。

作物の例として聞いたのは、トマトやキュウリ、パイナップルなど。作物自身が暑さに負けないためにも、冷える・冷やす働きを持っています。
もちろんこれだけに限らず、みずみずしい夏野菜や、ドラゴンフルーツやマンゴーなど「南の島で育つ」ような果物は、まず当てはまると思って良いでしょう。栄養があると思ってパクパク食べていると、知らないうちに体が冷えてしまうかも。

というわけで、暑い所のモノは、特に冬場は避けた方が良いです。(トマトやキュウリなんか、通年売ってるので要注意)
夏でも、暑さでばてたり、冷房で冷えたり、意外と冷えに弱くなっている場合があるので要注意です。

楽しむなら少量で

もし私がドラゴンフルーツを食べたくなったら、旦那のを横から一口もらって、あとは温かいお茶とか飲んどくと思います。(←夏なのに)

あんまり気にしすぎても楽しくないですが、くれぐれも食べすぎには気を付けて! あと、食中毒でもないのにお腹が痛くなったり、張ったりするようなら、多分冷えてるので温めましょう。

そんな感じです。

コメント

スポンサーリンク