サイトデザインを変更しました。

最近、真冬の頃より家が寒く感じる件

我が家、関東の、南向きの、鉄筋コンクリートのマンションです。
昨年の秋以降、家にいる事がすっかり増えた私なので、室内の環境変化にも以前より敏感になっています。たぶん。

そんなこんなで3月に入り、春めいてきた今日この頃、真冬の時期よりも室内が寒く感じてならないのです。(今日なんかは、天気が良いためかだいぶ良いですが)

何がどうしたのか、思いつく原因を挙げてみました。

スポンサーリンク

曇りの日が増えた

これは太平洋側の気候特有です。
冬場はひたすら晴れていたので、日光で室内がぽかぽかしていました。このごろは三寒四温で、曇りや雨の日も増えてきたように思います。すると日差しの入る日も少なくなります。

晴れても入射角が高い

冬至の頃より、ずいぶん日が長くなりました。
太陽も空の高い所を通ります。
ということは、日差しが部屋の奥まで届かず、ぬくもりの恩恵が減っていると思われます。

春だと思って服装を油断してる

真冬は、セーターに毛糸の羽織り物を重ねたり、巻く膝掛けを欠かさず腰に巻いたりと、ずいぶん気を付けていた気がします。
今はどうでしょう、ペラッとしたトレーナーにスウェット地の羽織り物、腰巻きは巻いたり巻かなかったり。
ああ、こりゃ寒いかも。

部屋干しを始めた

主人が花粉症なので、部屋干しのシーズンとなっています。干し場所は居間です。
洗濯物に扇風機の風を当てていると、湿った風が循環して寒さを感じる気もします。

実際の室温はどうなのか

ファンヒーターのスイッチを入れると、液晶に現在の室温が表示されます。
それを見ていた記憶では、冬場の夕方は、低くて12℃程度、高くても15℃くらい。朝は一けたの日もあった気がします。
対して最近は、15℃とか18℃とか。

誤差はあるにせよ、確実に上がってる、という数字です。
数字上は、特に寒くなったわけではなさそうです。

結論と対策

真冬よりも、かえって日が差しにくくなっているのが、寒く感じる大きな要因だろうと思いました。また、意外な点でもありました。
南向き=いつもあたたか、と決め付けるのはちょっと待て、かもしれません。

で、個人的に見直すべきは、「軽やかな服装になるには、まだ少し早いでっせ!」って事だと気付きました。
毛糸物が、もうしばらく活躍します。

冷えをどうにかする関係
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク