サイトデザインを変更しました。

花粉症というのは、風邪を引き続けているようなものなので、お大事にしてください

絶賛花粉症の旦那が、最近眠い眠いと言います。
タイトルのようなことだと思うからよく寝るように、と言ったら、ものすごい納得されたので、他の方にも参考になるかしらと書いてみます。

スポンサーリンク

こんなところが似ていると思う

箱から出したばかりのマスク

花粉症はアレルギー反応です。
体の外から来た、花粉という異物に、体の免疫が過剰に反応して、色々なところに炎症が起きます。
鼻の粘膜や目の粘膜、場合によっては肌や喉、腸内とかでも。

炎症というのは、腫れぼったい、熱っぽい状態です。
炎症の部分から、鼻水などの分泌物も出てきます。
肌ならカサカサしたりひび割れたりっていうのも、炎症の場合があります。
 

で、風邪っていうのも、よくあるのは、ウイルスという異物に対して免疫が反応しています。
こちらは花粉症と違って、正常な免疫反応ですが。

鼻の粘膜で炎症が起きるのは、花粉症と同じです。
喉がいがらっぽいのも花粉症と通じます。

他にも、ざっくり風邪と言ったら、様々な症状が含まれます。
腸で花粉に反応が起きてて、おなかがゆるくなる、なんてのは腹風邪みたいですよね。
風邪ひいたら肌もカサカサしたりしますし。
だんだんこじつけっぽくなりますが。

何が言いたいのか

要するに何が言いたいのかというと。

大した病気ではないかもしれないけど、花粉症も大したことない風邪と同じく、体が異物と戦っています。
で、確実に体力消耗しています。
なので、普段よりもよく寝て、食べやすいものも食べて、体をいたわるのが良いよ、という話でした。
 

花粉症の当事者の方のほうが、むしろ良く分かっているかもしれませんね。
多くの人が経験していることだけど、薬で抑えることもできるけど、それなりに大変なんだよ、という。
妊娠は病気じゃないけど大変なこと、っていうのと似たような感じもします。

花粉症じゃない人は予防をしよう

私は今のところ、花粉症については部外者です。
でも、当事者である旦那を見ていて、つらそうだなーというのは分かります。

旦那をいたわりつつ、自分は発症しないように予防マスク。
何歳からでも発症するっていいますもんね。
60代で発症した人も知り合いにいますし。
 

話がずれましたが、花粉症の方、どうぞお大事に・・・。

そんなところです。
 

関連記事

【風邪、花粉症】使い捨てマスクの上手な使い方【インフルエンザ、ハウスダスト】
ここ数日、風邪引いて咳が止まらないもんで、家でもずっとマスクつけてます。 改めて実感するんですが、咳き込むと結構な速度で何かが飛びます・・・

コメント

スポンサーリンク