ラクスルの名刺100枚、実質無料!?~作ってみたので、安い理由とか品質とか

主人は今まで、こういうのを使って自分で名刺を作っていました。

以下が実物です。
元の名刺

パッと見はかっこいいですが、紙が薄めなのと、カードのふちがほんのりギザギザします。
また、インクジェットプリンターの文字が、黒色はハッキリしていますが、ふちが少しにじんで見えて、いかにも手作り感があります。
元の名刺アップ
(紙のふちが汚れているのは、私の財布に入ってた物だから)

いつまでもこれじゃあ何だかな、と思い立って、名刺印刷サービスを利用してみました。

スポンサーリンク

ラクスルに決めてみた

候補が2社

社章をカラーにしたい他は、それほどデザインなどにこだわりはないです。急いでもいません。
なので、遅くてもいいので片面カラーを安く! を条件に探して、以下の2社が候補になりました。
※数字は全て税込み価格です。

『プリスタ。』
激安名刺印刷!!100枚88円~
期間限定最安キャンペーン実施中!大阪市内なら当日お届け。用紙も豊富で高品質!

・・・片面カラー(ライトプラン)100枚 340円 早いと当日出荷
・・・クロネコDM便160円(ポストに入らなかった場合ダイレクトに返品 → 再送に別途送料かかる)
・・・データファイルでの入稿のみ:illustrator、Photoshop、Word、PowerPoint、Excel

ラクスル

・・・片面、両面にかかわらず100枚 500円(出荷に7日間かかってよい場合。早く作りたい時は高い)
・・・メール便送料205円
・・・デザインラクスル、データファイルでの入稿、ができる

ラクスルにした理由

★ラクスルは選択肢が少ない分、わかりやすい
プリスタは、最安値は本当に安いのですが、送料や紙の種類、印刷方法が色々選べて、それぞれに価格が違っています。その価格差も若干見比べにくかったりして、だんだん萎えてしまいました。

ラクスルは、送料はメール便/宅配便の2択ですし、紙の種類(値段)も2段階で、選べるけど絞られているのが、かえってやりやすいです。また、後述のデザインラクスルも、テンプレートの数はそんなに多くないです。

★ラクスルはクーポンをくれる
ラクスルの分かりやすい場所に、「会員登録したら500円クーポンあげるよ」の案内が。
しかもこれ、通常は1,000円以上の注文で使えるのですが、私が登録したときは、このしばりがありませんでした。なので、名刺100枚を送料だけで作れちゃう(汗)

もっとも、プリスタはそもそもが安いので、そこにクーポンまで発行することはないだろうな、とは思います。

★デザインラクスル!
決め手になったのが、プリスタだとデータファイルでの入稿しかできない点です。最近すっかりワードやパワーポイントとご無沙汰しているので、慣れない名刺デザインをラクにやりたいと思うと、一歩踏みとどまってしまいました。

で、ラクスルの「デザインラクスル」サービスに行くわけです。

デザインしてみた

デザインラクスル

「designラクスル」、便利でした!
ちょっと文字を動かして体裁を整えたいとか、項目の増減をしたときに行間をそろえたい、縦幅の中央にきれいに位置させたい、といった操作がとてもやりやすかったです。
※2017年5月11日に、サービスを新しくするそうですが、操作性は全く変わらないそうです。

文字の入力や変更は、クリック/ダブルクリックしてみれば大体わかりますし、画面左上の矢印ボタンで、操作を元に戻すこともできます。
デザインラクスル1

「名前とフリガナ」「住所と電話番号」といった関係する文字を、まとめて選択することもできます。
(ブルーの□で、まとめて選択しているところ↓)
デザインラクスル2

文字をつまんで動かすときには、他の文字と端が一致する場所、中央が一致する場所、または名刺の端と反対側の文字列との間隔が均等になる場所、などポイントでガイド線が出てきます。
(名前+フリガナをつまんで動かしているところ↓)
デザインラクスル3

もちろん用意したロゴ画像を入れることもできます。

自動で逐一保存してくれるので、間違って画面を閉じてしまったりしても大丈夫。30分くらいでたたき台が出来ました。

あとは主人(注文主)と画面を見ながら、誤字脱字チェック、文字の大きさや配置の微調整、を行って完成しました。

他の方法

★クイックデザイン
必要な情報を並べただけの、究極シンプルな名刺でよければ、いちばん手軽に作れます。
場所が分かりにくいですが、名刺→デザインから作成 を選ぶとクイックデザインのページに飛びます。
注意は、作成途中で保存ができないことです。

文字の並びや大きさを変えることは出来ないようですが(後から相談可能?)、必要な情報を入力するだけで出来上がるので、こだわりがなければすごくラクです。

★自分でデータファイルを作る
PDF入稿が推奨となっていますが、Word、PowerPoint、イラストレーター、フォトショップなどでも入稿できるそうです。
Word、PowerPoint、イラストレーターはテンプレートのダウンロードができます。これらの操作に慣れている方なら良さそうです。
名刺サイズや文字の配置などの注意事項を要チェックです。

注文から届くまで

  1. 日曜日 注文、入金手続き、データ入稿
    商品を選ぶ画面は、選択肢がわかりやすいです。
    ラクスル注文画面
    注文操作と入稿操作が別なので、混乱しないよう気を付けて。注文済みの商品に対してデータを当てはめる(入稿する)という流れです。注文した商品がないのにデータを入稿しようとすると、アラートが出て誘導してくれます。
     
  2. 月曜日 データチェック完了
     注文時に、問題がなかったら承認不要としていたので、スルーパス。承認必要としていた場合、または問題があった場合は、客側が確認・承認した時点で入稿完了となります。この日が「受付日」となります。
     
  3. 翌週月曜 出荷
     受付日から7営業日後、ぴったりでした。
     
  4. 翌週木曜 到着

最初にポチってから手元に届くまで、なんだかんだ12日くらいかかっています。安いんだからこれくらいは許容しないと。

ちなみに、早く作ってほしいと思うと、他社と同じくらい値段がします。
他社はそもそも、7日間なんてのんびりした価格設定がないので、早い便と同じものを、ゆっくりな分値段を抑えてくれるのは嬉しいです。

出来上がり

プラスチックのケースに入って、さらに封筒に入って届きました。
ラクスルの名刺

頼んだのはマット紙ですが、光にかざすとやや光沢感があります。サイト上の説明を見直すと、光沢が「抑えられ」、って書き方なので、こんなものなんでしょう。
ラクスルの名刺2
ペラッとしてないし、角もピシッとしてるし、元の名刺よりもよっぽどカッコいい名刺になったので、主人(注文主)は大満足しています。

印刷は、文字のふちが少しピンボケして見えるかなと。さほど気にならないレベルではあります。
ラクスルの名刺3

まとめ

ラクスルの名刺の品質は、こだわる人には全然物足りないかもしれませんが、我が家の需要には十分でした。
安い理由は、ゆっくりだから。全国に提携の印刷所があるようなので、手の空いている印刷所をうまくやりくりして印刷しているのかもしれません。

特別なこだわりがなく、ちょっとロゴをいれて見やすく仕上がればそれで十分、ってニーズには、迷いすぎなくてちょうど良いとも思います。数が少ないのがかえって良いっていうのは、田舎のバスの本数と一緒ですね。(大まじめ)

また、絞られているといっても選択肢はあります。紙は選べますし、印刷も白黒とフルカラーが選べるので、詳しい方は眺めてみると、これは! って使い方があるかもしれません。



よもやま話
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク