【両利きネタ】右手でペン字練習したら、左手も綺麗に書けるようになった話

昨シーズン冬場に、ペン字の練習をしていました。
その後に感じたことを、今頃ですが書いてみます。

スポンサーリンク

練習は右

私は「鉛筆は右」です。
なので、この時のペン字練習も、当然右手でやってました。

字は、自分で言うのもあれですが、けっこう変わったと思います。

そして左手へ

そのあと、何かのはずみで左手で字を書いた時、右手で練習したのと同じように、文字の形とかが整って書けました。
左手なりに、ではありますが。

改めて書いてみるテスト。
左手でいろは歌
(恥ずかしいねこれ)

ちなみに左手でも、ほぼ右手と同じ書き順で書きます。ただ、字によって横棒を右から左へ書くことはあります。

考えてみたら

出力する手が違うだけで、指令を出しているのは同じひとつの脳みそである。ってことに思い至り、一人で納得しました。
あるいは元々が左利き(たぶん)なので、右手で出来ることを左手に応用するのは、逆より簡単なのかも。

なんかそんな感じでした。
 

関連記事

ペン字練習ビフォーアフター
(旧ブログからの移転記事です) 昨年12月26日の記事でちらっと言及してた、ペン字練習についてです。 こんな本でやってます。 ・・・
【両利きあるある】何をどっちの手でやっているか【左利きあるある?】
私は、根は左利きなんだと思います。でも、箸とエンピツは小さい頃に直してもらったし、世の中右手の方が使いやすい道具もあるしで、右手でやる事柄も・・・
体に関する雑学・雑談
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク