咳込みすぎて坐骨神経痛らしきのになった話

先日、一週間ほど咳が止まらなくて、昼夜なくひたすら咳込んでいました。
そのうち肩凝りのひどい奴みたいに背中が痛くなって、変な力入ってるなあと思っていました。

更に、左足の太ももの裏辺りに違和感が出てきました。
痛いってほどでもないけど、しびれるようなモゾモゾするような、嫌ぁな感じです。

旦那に言ったら「坐骨神経痛じゃね?」と返されました。
まじか。

スポンサーリンク

今回の症状

ハッキリ痛い(というか違和感がある)けど、薬を飲むほどではないです。でも、これが慢性的にずっと続くんなら、出掛ける時くらいは薬が効いたら嬉しいかな。という感じ。

某製薬会社さんが公開してくださっている、痛みの相談シートに入力してみると、こんな感じです。
(このシートは、病院に行くとき医師に見せるためのものです。行ってないけど)
簡単な4問に答えてボタンを押すと、きれいに一覧に表示してくれます。

痛み相談シート1

痛み相談シート2

※Q4「痛みの表現」の選択肢は、神経障害性の痛みに特化してあるようです。適当なのがない場合は、印刷した余白に書き込む、口で言う、などすれば良いでしょう。

てか、坐骨神経痛って何?

そもそもの所をよく知らなかったので、ざっくり調べました。

症状

下図のような場所を走る「坐骨神経」が、何かの原因で押されたり刺激されたりすると、痛みやしびれなどの症状が出ることがあります。
この症状が「坐骨神経痛」。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。
疼痛.jpより

坐骨神経
↑痛み相談シートの人体に私が書き込んだものです

原因

「坐骨神経痛」は、あくまで症状の名前。
その「原因」は、以下のように色々なパターンがあるそうです。
中には怖い病気が隠れている場合も。

・腰のあたりの背骨や、背骨の間のクッション(椎間板)が変形して神経にさわる
 ・・・腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、など

・腰や骨盤内のできものが神経にさわる
 ・・・馬尾腫瘍、腰椎腫瘍、骨盤内の腫瘍・癌など

・筋肉が神経を圧迫する
 ・・・梨状筋症候群

・神経自体の炎症
 ・・・帯状疱疹、末梢神経炎(原因色々)、など

・神経には何も起きてない場合
 ・・・ひざの痛みが響いて坐骨神経痛と似たような痛みが出る、など

治療・予防

原因になっている病気の治療をするのはもちろん、痛みを和らげるための飲み薬や注射もあります。鍼やマッサージといった療法もあるようです。

自分でできる事としては、温める、ストレッチをする、正しい姿勢を保つ、というのも効果があるそうです。ただしストレッチは、あまり痛い時は無理せず。

参考
坐骨神経痛|痛みの疾患ナビ|さまざまな痛みの情報サイト – 疼痛.jp
患者向けパンフレット「整形外科シリーズ」|公益社団法人 日本整形外科学会 内 坐骨神経痛(PDF)

なんで咳で発症したのか

咳込む→尻の筋肉に力が入る→そのまま凝り固まる→筋肉の辺りを通る神経を圧迫する。
と想像しました。
要するに「梨状筋症候群」なのかなと思います。(注・素人考え)

実際、咳込んで尻がキュッてなった途端に、足のびりびり感が強まったりしてました。
 

お尻を揉んだり、ストレッチもしてみたけど、すぐには効果なし。
でも、咳が治まったら、足の痛みもいつの間にか消えました。

少しは「まさか咳で」って気持ちが残ってたけど、本当に咳のせいだったorz

というわけで(あとがき)

咳って全身を使ってるんだなあ、と改めて身にしみました。
痛み(しびれ)は、歩けないレベルでは全然ないものの、けっこう嫌な感じだったので、本気で発症しないよう気をつけたいと思います。座る姿勢とか。

以上です。
 

関連記事

【風邪、花粉症】使い捨てマスクの上手な使い方【インフルエンザ、ハウスダスト】
ここ数日、風邪引いて咳が止まらないもんで、家でもずっとマスクつけてます。 改めて実感するんですが、咳き込むと結構な速度で何かが飛びます・・・
体に関する雑学・雑談
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク