親指シフトエミュレーター『紅皿』が、バージョンアップで使いやすくなった!【Windows】

昨年記事を書いたエミュレーターソフト「紅皿」(べにざら)が、0.1.3にバージョンアップされました!
作者の綾木健一郎様より、ご丁寧に連絡をいただきました。ありがとうございますm(_ _)m

というわけで、ダウンロードさせていただきまして、この記事の下書きで試し打ちをしています。
(プログラミング勉強にかまけて、記事のアップが遅れ遅れになっております)(メールいただいたの先週始め(汗)

公式
『紅皿』のダウンロード|OSDN
見やすい説明書 → キーボード配列エミュレーションソフトウェア 紅皿|Qiita

スポンサーリンク

紅皿 ver0.1.3 の使い心地

変更点や使い心地を、私の目線で書いていきます。(Windows10です)

設定画面の「紅皿について」タブ。verが変わっています。作者様、お疲れ様です!
紅皿0.1.3の設定画面(紅皿について)

親指キーの単独打鍵が可能に!

心待ちにしていた機能が実装! 嬉しいです。
私は右親指の単独打鍵で変換の動作をしているので、この機能がないとなかなか使いづらかったのです。
紅皿0.1.3の設定画面(親指シフト)

これで、打つときの大きな違和感は無くなりました。
高速でも打てるようになりました!

Thunderbirdで使えるようになった!

これも内部処理の何かを設定していただいて、打てるようになりました!(←良く分かってない)

管理者権限で使えるようになった!

設定項目に「管理者権限で実行」というタブが追加されています。
これで、管理者権限で動いているアプリでも使えるようになる、とのことです。
紅皿0.1.3の設定画面(管理者権限)

私のWindows10だと、少なくともThunderbirdとTwitterアプリは、管理者権限でなくても使えましたが。
なにか使えないときは、ひとまずこの設定を変えてみると良さそうです。

英字はちょっぴり不便になった

英字は、シフトキーを押しながらでないと、ローマ字が出るようになっちゃいました。(配列定義ファイルを「NICOLA配列_仮名直接入力」に変えても同様でした)

まあ、これは大きな問題ではないです。英数入力に切り替えれば、ちゃんとキー通りの英字が出ますし。

デフォルト設定での入力感

自分なりの高速で打っていると、わりとシフトが響きます。
また、文章の途中で変換されることもあります。(意図しないタイミングで、空白キーの単独打鍵が認識されている、ということ)

ゆっくり目に打てば、これらの誤作動はありません。
これからキーの反応時間と設定を調整して、また追記したいと思います。

2019/3/19追記:紅皿ver0.1.3.1 へのアップデートで、単独打鍵の誤作動はほぼなくなり、快適になりました!

 
公式
『紅皿』のダウンロード|OSDN
見やすい説明書 → キーボード配列エミュレーションソフトウェア 紅皿|Qiita

設定調整の記事▼

親指シフトエミュレーター『紅皿』の設定例 (当ブログ管理人・文月の場合)
紅皿ver0.1.3で、設定を自分の手にちまちま合わせてみたので、覚え書きのつもりで書きます。 こういうのは、いじるほど分からなくなっ・・・

前の記事(紅皿のダウンロード・インストール方法はこちら)▼

Windows用の新しい親指シフトエミュレーター『紅皿』がリリースされたので使ってみた
「紅皿」=べにざら、と読みます。親指シフトエミュレーター「やまぶき」および「やまぶきR」の、後継ソフト、と思うと良いみたいです。 先日・・・
親指シフト入力関係
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました