ヨモギが摘めたので、ひとまず下ゆで→冷凍保存した話

散歩で通った路地で、斜面にヨモギがわさわさ生えていました。
・・・美味しそう。そして、ここなら採っても怒られない気がする。

というわけで採ってきました。
ほんのちょっぴりです。片手に乗る程度。
最初の重量

こちらの記事に書いたのを参考に、世話をしてみます。

草餅(よもぎ餅)の作り方
ヨモギの香りたっぷりの草餅。もち米とヨモギだけで作ります。あんことも相性ばっちりで、お汁粉にしてもおいしいです。準備材料・もち米 適量 (好みの量を用意します。餅つき機の説明書なども参考に)・ヨモギ 適量 (もち米の体積の1/4~1/5が目
スポンサーリンク

洗ってゆでます

まずはざぶざぶ洗います。
ヨモギを洗ってるところ

で、サッとゆでます。何しろ少ないので、30秒程度で火が通った模様。
ヨモギゆで始め

ヨモギゆで終わり
良い香りがします。

ザルに上げて、そのまま冷まします。
ヨモギがゆで上がったところ

ビニールに入れて冷凍保存

冷めました。あんまり絞らず、そのままビニールへ入れます。
冷めたヨモギをビニールに入れたところ

水を含んだ分、重量は増えました。絞ってなさすぎだろうか??
ヨモギ最終重量

袋の口をしばって、冷凍庫へ。
気合が入ったら、ヨモギ餅かヨモギ団子にしてみます。

この程度の量なら、別蒸しする代わりに、レンジでチンすれば良い気がします。

餅関係
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました