3連コミック本棚を1人で組み立てた。手順やコツを写真付きで書きます

前の記事↓で書いた通り、3連スライド本棚(どう表現すればいいのかよく分からない、、)を手に入れました。

3連スライド本棚を買った! どんな本がどれだけ入るか【マンガ、文庫本、ハードカバー・・・】
我が家は本が多いです。 で、旦那の本も私の本も、適当に共用の本棚に入っていたり、プラケースや不織布の袋に入って箪笥の上にあったりと、置き場・・・

仕上がりの様子。
3連本棚完成

組み立てた感想をざっとまとめると、こんな感じです▼

  • 一人でも何とかなった(身長160cm女)
  • 楽しい(日曜大工的な意味で)
  • 時間は掛かる(1.5+1+1.5時間)(準備片付けの時間は除く)
  • 手回しはつらい(電動ドライバードリルが必要)

この記事では、写真貼りつつ、組み立ての様子を順番に書いていきます。

スポンサーリンク

1日目

本棚が届いた

佐川急便のお兄さんが、玄関まで入れてくれました。
梱包サイズは50×20×95cmって所です。(5cm未満切り上げ)
3連本棚の梱包状態

結構重くて、一人では引きずらないと動かせません。
なので、このまま玄関ホールで作業を開始します。
照明が電球色のため、写真が少し見づらいですが、ご了承を。

開梱

1日目の15:00、作業開始。
箱を平らに置いて、開けます。

裏側かな? って方を上にすると、真ん中からぱかっと開けられました。カッターを中身に刺さないよう注意。
3連本棚の梱包を開けたところ

内容品の確認

まずは説明書を眺めて、セットの内容と、行う作業を確認します。
説明文が少ないので(IKEA家具ほどではないですが)、少し書きこみ。
3連本棚の説明書に書き込んだところ

数を確認しながら、部品を整理します。
3連本棚の部品を整理しているところ

3本のラックの部品を下に、外ケースの部品はすぐ取れる場所に。
板の間に挟ませてあった紙を、敷いたり挟んだりしています。
3連本棚の部品

全部出した所で、発泡スチロールや紙製の緩衝材は、ごく一部を残してゴミにまとめました。
角に当てられている小さい板は、この先便利だから捨てないで!
3連本棚の梱包内の板

ここまでの部品確認・整理に、約30分です。

ネジなど細かい部品は、適当な箱に入れて、迷子にならないようにしました。
3連本棚の細かい部品

外ケースを組み立てる

まずは部品番号のシールをはがします。
少々しつこくても、丁寧にこすると大体落ちました。
3連本棚の部品からシールを剥がす

部品を組み合わせます。
背側の細い板(2本) → 天板の順に、木ダボを挿して、側板と組み合わせてネジ締め。
背板の木口が丸見えの部分は、必ず側板か天板で隠れます。

約20分でこの状態。
3連本棚の外ケースを組んだところ
支えるのが大変で真剣勝負だったため、途中の写真はありません。この外ケースだけは、2人で組み立てた方が楽そうです。

ネジは、ゆるく仮締めしておいて、天板がはまるのを確認してから、完全に締め上げました。
 

16:00、外ケース完成しました。30分ほどかかりました。
3連本棚の外ケース完成
 

追伸:ネジの目隠しのシールは、ラックも全て完成してから、天面だけ貼りました。(万一の組み直しに備えていました)
外ケースのネジ穴隠しシールを貼るところ(3連本棚)

側面は、すべて完成した時点で多少ネジが緩んでいたので、今後も締め直す可能性があると思い、貼りませんでした。
外ケース側面のネジ穴(3連本棚)

ラック3本の部品を下ごしらえする

お次は外ケースにおさめるラックです。

ラック1本につき、水平側の板が、上中下の3枚あります。
それぞれ天板、固定棚板、底板、と呼びましょう。

このうち、固定棚板(真ん中)と底板(下)に、部品を取り付けます。

それから側板にも部品を取り付けます。

固定棚板に木ダボを差し込む

真ん中の板には、木ダボを挿します。
3枚×各4箇所。

付属の木工ボンドの口が大きくて、ダボを突っ込めるので使いやすいです。ボンドが付きすぎたらこそげるのも楽です。
木ダボにボンドを付ける(3連本棚)

ダボが入りにくい時は金づちで叩きます。(理想は木づち)
木ダボを叩いてはめ込む(3連本棚)

このとき下に、梱包材の板を敷くと良いです。床や段ボールの傷・穴を防げます。こっち側にダボがささっててもびくともしない!
棚板の下に梱包材の板を敷いてる様子(3連本棚)

底板にキャスターを付ける

底板には、キャスターをネジ止め。

ここで使うネジは細めなので、下穴も小さいんですが。
キャスターの穴の、少し外側寄りを狙って開けてあるようです。
3連本棚のラックにキャスターを付ける
これだと多少ネジがズレても、キャスター自体はズレにくそうです。
なかなか細かい計算をして部品を設計しているのだ、とだんだん思えてきます。

16:30、3枚の板にキャスターが付きました! (外ケースに並べてみた)
キャスターを付けた板を並べた様子(3連本棚)
締めたネジ、ここだけで24本!
腕がプルプルしています。

1日目はここまで

腕がつらいのと、時刻も暗くなってきたので、本日の作業はここまでにしました。
所要時間は、セット内容確認に30分、外ケース組み立てに30分、ラックの部品下ごしらえに30分。

というか、実は我が家、電動ドライバードリルがあるんですよね。
キャスター付けてる途中で思い出したんですが。
使おうか、手回しでがんばるか・・・?

2日目

部品を広げて、10:00頃スタートです。
3連本棚、2日目スタート

ラックの部品の下ごしらえ、続き

側板の下ごしらえが残っているので、まずはこれを。

側板に木ダボと特殊ネジを差し込む

側板の上下に木ダボを挿します。これくらいの深さまで入ります。
木ダボのささる深さ(3連本棚)
金づちで打つと、底に達したら音が変わるのが分かります。鈍い音から高い音になる感じ。
 

次が、一番神経を使うかもしれないやつです。
十字に空いた穴の、真ん中に。
側板の十字穴(3連本棚)

特殊ネジ。
側板に挿す特殊ネジ(3連本棚)
口数少ない説明書の中において、「垂直に」「根元までしっかりと」締め込むべし、と特に注意書きがされています。

平らなネジの底を、側板の穴にはめる感じなので、まあまあ合わせやすいです。
が、神経は使います。
はめて、角度を確認して、締め込む。
側板に特殊ネジを付ける様子(3連本棚)

側板に特殊ネジを付けたところ(3連本棚)

10:22、できた! 垂直!?(このネジを付けてしまうと、側板は重ね合わせられなくなります)
全ての側板に特殊ネジが付いたところ(3連本棚)

ラック1本目を組み立てる

ようやく本番です。
ラック1本分の部品を準備しました。
部品番号のシールをはがして、10:28。
ラック1本目の部品(3連本棚)

ここから先、向きを間違えたら詰みます。

固定棚板+側板+背板を組み合わせる

まず、固定棚板と側板をくっつけます。

ここで、丸い金属部品の出番。

先ほど垂直に締め付けた特殊ネジに噛ませるそうです。ふむ・・・?
3連本棚の丸い金属部品

とりあえず、側板と固定棚板を組み合わせないと始まらないらしいので、くっつけます。
木ダボにボンドを付けて、向きに注意して合体。
側板と固定棚板をくっつけるところ(3連本棚)

側板と固定棚板がはまったところ(3連本棚)

ネジが出ている方に、丸い部品の矢印を向けて、はめて、ドライバーで締めます。
側板と固定棚板の接合部(3連本棚)

側板と固定棚板接合部に金属部品をはめたところ(3連本棚)

固定棚板の金属部品を締め上げる(3連本棚)
力を込めてギリギリ締めないと、元に戻りそうです。

反対側もくっつけて、背板を入れました。
ラックに背板が入ったところ(3連本棚)

まだグラグラしますが、背板が入ると少しマシです。
タイムスタンプは10:39です。

天板と底板を組み合わせる

側板の木ダボにボンドを付けて、上下の板をはめ込みます。
油断すると上下を間違えるので、よく確認。固定棚板の丸い金具が見えない方が上です。
ラックに天板を付ける(3連本棚)
適当な棚板を敷いて、床との間に隙間を作ると作業しやすいです。

木ダボがきつかったら金づち!(理想は木づち)
ラックに底板を付ける(3連本棚)

上下それぞれ、4隅をネジ止めします。
ネジは棚を立てて締めるとやりやすいです。
ラックの底板のネジ締め(3連本棚)

10:54、締め終わり。
天板にピンを挿して、側板に取っ手を付けます。
ラック天面にピンを挿す(3連本棚)

ラックに取っ手を付ける(3連本棚)

仕上げがまだですが、1本目ほぼ完成! ちゃんと外ケースに入りました。
3連本棚の外ケースに1本目のラックを入れたところ

ここまでで11:05になりました。
所要時間、約35分。手締めの限界を感じてきます。

ラック2本目を組み立て

休憩&腹ごしらえして、11:50、作業再開。
ラック2本目の材料(3連本棚)

手際が分かったので、2本目は早いはずです。
側板と固定棚板をくっつける(3連本棚)

12:03、底板まで終わって、天板のネジ締め・・・
ラック2本目の天板のネジ締め(3連本棚)

ここでプッツンしました。
ネジ締め、もうやだ! 電動ドリル使う!

電動ドライバードリル投入

ひさしぶりすぎるので、説明書を読みます。
ていうかネジ締めに使うのは初めてかも。
電動ドライバードリルを開けたところ(3連本棚)

先端チップよし。
クラッチ設定よし。
速度設定低速、よし。
回転方向、目視確認。
バッテリー残量、よくわかんないけど動くからよし。
電動ドライバードリル準備完了(3連本棚)
 

最初はゆっくりゆっくり行きます。
電動ドライバードリルでネジ締めする様子(3連本棚)
力を込めて支えていないと、すぐネジ山を噛んでしまうし、ネジがガタつくこともあります。
手回しとは違った神経を使います。

でも、速いです!(感動)
 

まだクラッチの加減が良く分からないので、仕上げは手で。
ドライバーで仕上げ締めをする様子(3連本棚)

取っ手も手回しの方が付けやすいので、手で。
ラックの持ち手を付ける様子(3連本棚)

12:15、2本目完成。電動ドライバードリルの準備込みで、所要25分間でした。
ラック2本目完成(3連本棚)

ラック3本目を組み立て

場の部品を入れ替えて、12:20開始。
ラック3本目の材料(3連本棚)

12:27、天板と底板を木ダボで挿しました。
ラック3本目の天板と底板をはめた(3連本棚)

12:33、底板ネジ締め完了。
底板のネジ締め完了(3連本棚)

12:36、天板のネジ締め中。
締め始めは手回しして、進行方向が安定してから電動ドリルを使うと安心です。
天板のネジ締め中(3連本棚)

体全体を使って、ラックやドリルを固定して締めていますが、こういう部分のわずかな隙間▼に指の皮が挟まると、悲劇が起きるので気をつけます。
ネジ締め中の注意事項(3連本棚)

12:40、3本目完成! 無事に外ケースにおさまりました。
3連本棚、仮完成

ラック3本目の所要時間は、20分弱で完成しました。慣れと文明の利器、万歳。

ラックの背中を仕上げる

じつはもう一つ手順が残っています。
ラックの背板の隅に固定具を挟んで、ネジで締めるんです。

万一外ケースに3本おさまらず、組み直しが必要になった時のために、この手順は保留していました。
 

というわけで、この部品。
各ラックの背中に8か所ずつ、計24個。
3連本棚のラック背中の部品

取り付け位置は、正確には決まってないようです。
イラストのとおり、フチから部品ひとつぶんくらい空けて付けてみます。
3連本棚のラック背中の部品取り付け説明

これ、今までのネジ締めの中で、一番凶悪でした。

まず、ネジの方向が斜めです。
で、下穴が開いていません。
手で締めるの、無理くないか?(←挑戦しなかった)

というわけで、電動ドライバードリルのチップを細めのに替えて、締めます。
3連本棚のラック背中の部品締め付け中

締めてる最中に部品が浮くこともありますが、
ネジの方向が大きくズレていなければ、締め終わる頃にはピッタリおさまります。
ラック背中の部品を締めるところ1(3連本棚)

ラック背中の部品を締めるところ2(3連本棚)

ラック背中の部品を締めるところ3(3連本棚)

この作業をする前は、ラックは多少グラグラしていましたが、終わったら全くがたつきがなくなりました。
ラック背中の部品を付け終わったところ(3連本棚)

内側には何も飛び出していません。ネジはちゃんと板の内側に収まっているようです。
背中の部品を付け終わったラックの内側(3連本棚)

ちなみに24個中1個だけ、なんか斜めになりましたが、面倒なので直しません。ネジ山も潰れかけてるし。←

完成! (全体像と感想)

今度こそ、完成!
3連本棚完成

時刻は13:20。
3本のラックの仕上げ作業に、40分弱かかりました。

ケースとラックには、少々の隙間があり、意識して動かすとガタガタします。
素人が組み立てるので、多少斜めになっても納まるように、ゆとりを持たせているのかもしれません。

ただし、本を入れてラックが重くなると、がたつきは気にならなくなりました。
むしろ少々の隙間がある方が出し入れしやすい感じです。
 

一番の感想は、「時間かかったけど楽しかった」です。
あとは冒頭で書いたように、手回しはキツいです。(再掲▼)

  • 一人でも何とかなった(身長160cm女)
  • 楽しい(日曜大工的な意味で)
  • 時間は掛かる(1.5+1+1.5時間)(準備片付けの時間は除く)
  • 手回しはつらい(電動ドライバードリルが必要)

所要時間まとめ。(準備片づけの時間除く)

  • 1日目
    • セット内容確認・・・30分
    • 外ケース組み立て・・・30分
    • ラックの部品下ごしらえ・・・30分

    合計 1時間30分

  • 2日目
    • ラックの部品下ごしらえ続き・・・20分
    • ラック1本目組み立て・・・35分
    • ラック2本目組み立て・・・25分
    • ラック3本目組み立て・・・20分
    • ラック仕上げ作業・・・40分
    • 合間の作業(場の入れ替え)・・・10分

    合計 2時間30分

以上、3連本棚の組み立てレポートでした。
 

作った本棚は、こちらの「オーク」カラーです▼

 

出来上がった本棚に、どんなサイズの本がどれくらい入ったかはこちら▼

3連スライド本棚を買った! どんな本がどれだけ入るか【マンガ、文庫本、ハードカバー・・・】
我が家は本が多いです。 で、旦那の本も私の本も、適当に共用の本棚に入っていたり、プラケースや不織布の袋に入って箪笥の上にあったりと、置き場・・・
掃除・片付け
文月をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらもいかが?
青空庭園

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました