サイトデザインを変更しました。

疲れ目にビルベリーサプリ飲んでみた→効果あるのかないのか良く分からなかった

はい、良く分からないのでそのまま書きます。
ファンケルのスマホえんきんを、一か月飲んでみた感想です。

パソコン眼鏡を掛けていても目が重いことがあるので、お試し半額相当のキャンペーンやってるのを買ってみました。

スポンサーリンク

スマホえんきん、こんなのです

こんなやつです。(写真は旧包装です)

【ファンケル】パソコン・スマホで駆使した目に!スマホえんきん

スマホえんきん
二週間分一袋の値段(780円)で、今ならもう一袋ついてくる!
合計4週間分です。

※通常は30日分で1,563円(定期お届け便なら1,406円)です。

配合成分の詳細

ファンケルの機能成分評価資料を参考に書きます。
細かいことも書いてるので、眼が滑るようなら飛ばしてってください。
 

「スマホえんきん」に機能性成分として配合されているのは、「ビルベリー由来アントシアニン」
あちこちで宣伝されているので、一度くらい見聞きしたことがあるんじゃないでしょうか。

効果をざっくり言うと、目の焦点がスムーズに合うようになって、疲れを軽くしますよ、という事です。

ビルベリーとは、ブルーベリーの一種で、ヨーロッパに多く自生しているとのこと。
他の品種よりもアントシアニンが多く含まれています。
血管疾患・眼科障害治療のための抽出物の原料として使っている国も、ヨーロッパにはあるそうです。
果物としては、生のまま食べたり、パイやジャム、リキュールにするなどして広く食べられています。
(ここだけWikipediaも参考)

機能性の根拠ととして、参考資料で詳細に分析している研究論文が3本あります。

これらの論文で試験されているのは、ファンケル製品そのものではありませんが、成分は同じ「ビルベリー由来アントシアニン」です。一日あたりの摂取量は、ファンケル製品の一日量(2粒)と同じ57.6mg/日、または少な目の43.2mg/日。

10名程度ずつの小規模な比較ではありますが、成分を摂らなかった人(プラセボ服用)と比べて確かに目の焦点が合わせやすくなった(調節緊張時間/弛緩時間の改善など)、と結果が出ています。(有意差有りまたはその傾向がある)

ちなみに自覚症状(VASスコア)については、プラセボ群と比べたときに、うまく有意差が出なかったみたいです。パンフレットとかに書いてないと思ったら。
それぞれ平均値で見ると、明らかにプラセボだと変化がないし、飲んだ方は効いてますが・・・
プラセボ群は摂取後の数値のバラツキが大きいため、有意差としては「プラセボ群の効き目、実際よくわかんなくね?」って結果になってしまったようです。数字の不思議。
 

ビルベリー由来アントシアニンの他には、ルテインビタミンB群(B1,B2,B6,B12)が含まれます。眼の健康を考えた配合になってるそうです。

アレルギー物質としてはゼラチンが入ってるんで、過敏な人は気を付けてくださいね。

飲み方の注意

この「スマホえんきん」、1日や2日飲んだくらいじゃ効果は出なくて、5日間くらい飲み続けると効果が現れてくるそうです。
で、2週間続ければ、大概の人が効果を感じると。

そこから更に2週間を、効果の実感が続くかの判定期間と考えれば、トータル4週間で「自分にとってはどうか」がバッチリ分かるってことですね。理にかなったお試し分量です。
 

あとは、同じファンケルグループ「アテニア」のサプリ「ブルーベリープラス」(名前が違うだけで中身は同じっぽい)について聞いた話ですが。

24時間効果が持続するといっても、その中で最大値はあるそうです。
飲んでから5時間頃が一番効果が出る、とアテニアの方はおっしゃっていました。
たとえば、朝飲むと、午後の疲れてくる頃に効果が発揮される、という計算です。

飲んでみた

前置き長すぎてすんません。

常用のビタミンB群と一緒に。けっこう小粒です。(ビタミンB群が重複してんじゃん! って話はこっちで書きました→スマホ労眼のサプリと、妊娠希望者の葉酸サプリの、成分重複の件)
スマホえんきんとビタミンB群
1日1回2粒、ぬるま湯などで適当に飲みます。私は基本は朝食時、忘れたら昼食時、としました。

飲み続けてみた結果

続けていると、確かに何だか調子いい! と感じました。
目が軽くて、うっかり長時間パソコンやっちゃう、とか。(6~7時間/日とか。・・・かえって危険?)
なので、効いてはいるんだと思います。

でも、そうやって無理すると、その日の夜や翌日に、だんだん目が重かったりします。
これは自業自得としても、最近無理してないのに疲れてる、目が痛い、という時もあります。
目を使った日と、目が疲れている日に、あまり関連がないので、スマホえんきんで目力が底上げされたかというと、だんだん「?」が浮かびます。
 

以上から個人的には、なんか良く分からない、って感想になってしまいました。
ファンケルさんごめんなさい。

体質もある、かもしれない

私は偏頭痛のケがあって、パソコンだけでなく日光でも目が痛くなりがちです。
あまり効果が感じられない日は、この影響があったのかもしれません。

それから月経と頭痛・片頭痛の関連について。
一般的に、生理周期によって頭痛が出やすくなる人はいますし、私も毎回ではないけど関連性の頭痛かと思う時があります。
なので、たまたま頭痛・目の痛みが出やすい時期だったって可能性もあります。

・・・どちらも「疾病の治療・予防を目的とした製品ではありません」に抵触するような。
 

というわけで、光に対して特に弱くない人とか、業務時間内だけパソコン使うような人(プライベートでは大画面は見ない人)、男性、なんかは効果を感じやすいかもしれないと想像します。

気になるなら試しちゃえばいいと思う

気になってる人は、騙されたと思って飲んでみるのは有りだと思います。どうせ食品ですし、体質に合えばしめたもの。

元となっているビルベリー自体は、果物として普通に食べるものです。
もちろん妊娠に悪影響なんてこともなし。抽出物にも、特にそういった報告はないそうです。(スマホえんきんに含まれる成分の量は、ビルベリーに換算しても、普通に食べられている量の範囲内とのことです)

2週間分×2袋でこの値段なので、お試しにはもってこいです。



■医薬品との相互作用は、配合されているビタミンB6と、パーキンソン病の薬(レボドパ)で報告があります。他には特になさそうですが、一応、医者にかかっている人は言っておきましょう。

■以下の注意書きが付いてますので、何かあっても(ないとは思うけど)自己責任、と納得できない場合はやめましょう。

『本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません

コメント

スポンサーリンク